2017年5月29日月曜日

「~のに、なぜ」から「と」を「の」に変える。


先回、マネジメントを面倒と思うな、と書いた。
すると、ある方から「面倒でなく怖いのだ」と言われた。前提に「先ず自分がしっかりする」に自信がなく、相手に嫌われたらを心配する。まして相手のプライバシーは突っ込めない、も前提にあるのだろう。実際の相手の顔を浮かべて考え直してみよう。

「上長に相応しい自分づくり」への努力は素晴らしいことだ。しかし世の中「努力すれば報われる」わけではない。報われる可能性が高くなるだけだ。スポーツの世界でも、その可能性を高めようと必死に練習するが成果は出ない。当然周りも必死に練習するので、競合との差は縮まらない。ここまでやれば、の判断基準がないから比べようがない。

先のオリンピックで名を挙げた柔道の井上康生監督は、100キロ級で世界TOPの名選手でもある。東海大時代、井上先輩の面倒をみていた後輩という知人が、息子と私に語ったことがある。試合形式の乱取り練習を1本5分を10本もやるとヘロヘロになる。全力疾走を50分続けるようなもので、元立ち以外は順番に当たるので、その間は休めるものだ。

井上先輩は、元立ちで休まず50本連続でやるのだそうだ。当然終わったあとは身動きできない。死んだようになった井上先輩を、2人の後輩が両脇から身体を抱えて宿舎に戻す。自力で風呂にも入れず、後輩がシャワー室まで抱えて先輩の身体を洗うのだが、ある日、井上先輩が途切れ途切れの声で「すまんが、このまま小便してもいいか・・」「どうぞ」と言うと、なんと真っ赤な血尿が出てくる。

「世界を目指す必死の努力は俺には出来ない、と悟った瞬間でした」そして「田辺くん、世界を目指すとはそういうことだよ。その覚悟でやり続ける決意を持って欲しい」と息子に語った。しかし、その練習とて優勝を保証するものではない。

これだけやった「のに」「なぜ」勝てない。
相手にこれだけ指導してやった「のに」「なぜ」出来ない。

世の中「のに」と「なぜ」のセット言葉が多すぎる。練習すれば、努力すれば達成すると思い込み、上手くいかなきゃ何故だと、自分の努力や指導力不足を他に転嫁する。それでは挫折と恨み節の繰り返しになるだけだ。
他責から自責に変えて、自分自身でやれることとして、まず心構えから見直すことだ。

柔道の練習をこれだけやった「のに」、この「のに」を捨てる。これは「私と柔道」の関係だから出て来るセリフ。「と」を「の」に変える。私「の」柔道、柔道の私、と改めるのに違和感はない筈だ。
私と会社、私と部下、私と上司、私と家族、などの対比関係から私の会社、会社の私、
上司の私、部下の私、家内の私、に変えると「何故?」も自分の何故になる。

幾ら教えても変わらないは「教えてやる」の発想。相手が「学びたい」へと変えられない己を恥じるのだ。「師の背中を見て育つ」は、弟子が師に魅了され学びたい一心で成り立つ。相手が「と」を「の」に変わるのは、まず自分自身から実践するしかないのだ。

2017「サラリーマン川柳」に、「パパお風呂」入れじゃなくて 掃除しろ という川柳が入選していたが、井上先生なみの努力で「私の女房・女房の私」を実践し与え続ければ、いつしか「私の夫・夫の私」に家内が変わる?も、期待せずに実践するんだな。