2018年6月26日火曜日

娘よ、20才の誓いを。

この6月、民法上の成人年齢の改定が決定した。2022年4月より18歳が成人となるから、今の中学2年生14才が対象だ。酒、タバコ、ギャンブルは除外らしいが、今一度成人を考えるよい機会である。

今春、娘が二十歳になり浦安のTDL成人式に晴れ着で出席した。思い出に浸り写真を眺めて、それで終わった気でいる。晴れの成人式で着飾る気持ちは分かるが、本来の目的は、大人へと成長すべき時期に「成人としての責任」を自覚することである!

現在の民法上の「20歳の成人」で未成年と大きく変わることを列挙してみた。

1.刑事裁判の裁判員になるかもしれない。
 「市民がもつ日常感覚と常識を裁判に反映させる為、当然常識人であれ」
2.酒、タバコが正々堂々と嗜める。
 「自制するも溺れるも自由で、健康管理は自己責任!」
3.競馬、競輪など公営競技で勝負できる。
 「得たお金に感謝し、ギャンブル勝負に使うは本人の自由」
4.国民年金の加入義務が発生する。
 「20~60歳は強制加入の基礎年金。老後・障害・死亡の不安を一考せよ」
5.ローンや賃貸契約など契約行為に親の同意は不要となる。
 「親の承諾要らず自己完結だが、周囲にも影響を与える事を忘れるな」
6.犯罪行為は実名報道される。
 「少年少女Aではないから、今後の進路には前科は生涯つきまとう」
7.結婚は本人の意思で可能になる。
 「親の反対押し切って結婚できる分、責任を痛感することだ」
8.養子を迎えることができる。

保護者の庇護や承諾を卒業して、自分で養親になることもできる成人。こうして並べてみると「大人は自由でいいな」から「大人は色々と背負うな」に変わるはず。2022年の18歳成人で変わることもあろうが、成人に相応しい大人への覚悟はさらに重要になる。

娘は、大学3年でゼミも決まり、海洋設計士と公務員資格取得などを目論んでいるらしい。自立心が目覚めたか、黙々と課題に取り組み、お小遣いはバイトでやりくりし、貯金もしているようだ。しかし家事は全て「親頼み」である。

それより、最大の心配は17才の柔道息子。1日1升と肉1キロの殆どを喰らい、教科書も開かず、朝たたき起こしても目覚めない。柔道以外、親に「おんぶに抱っこに肩車」状態である。この未完の大器?が覚醒するまで、私の体力が持つかどうかの勝負である。

家内は「あなたの原動力は子どもなのよ」という。そうか、息子は敢えて親に心配(親不孝)させているのか?。ここは家内の口車に乗って「生涯現役」を決意しよう。そう、自分のための目標は、単純に決めた方が気が楽である。

しかし、家内からはキツイ一言。
「まず、親が子離れしないとね!」・・まさに!私が「子離れ」していない。しからば、私の原動力を「家内」にするか?!一方、家内のほうは・・?。思わず汗がでる。

成人は楽じゃない。腕の太さでもない。
















2018年6月2日土曜日

安田学園柔道部② ケガをするな、させるな!

この春、安田学園柔道部は新人も加わり、息子も高2となった。秋まで関東大会、インターハイ、国体、金鷲旗、全日本ジュニアと大会が続く。全国の大会は予選から長丁場で、他も平行するので、選手のケガの有無と適正を考えながらメンバーを決める監督も大変だ。

ケガをするな、ケガをさせるな


選手は体重と身体管理は勿論、練習中の気の緩みも厳禁である。先日も骨折者を2人出したが、ライバルより「故障」が最大の敵となる。何より稽古を積んできた本人にとって最もつらい事態だ。実力も努力も一瞬にして水泡と化す。

息子も中3で全中千葉予選前に左足首を骨折。治療とテーピングで勝ち抜くも、決勝戦で骨折の左足首を攻撃され、個人代表を逃した経験を持つ。先日は先輩が試合中に肩を強打。痛みで次の相手に惜敗し、関東大会無差別代表を逃した。のちに骨折と判明。続くインハイ個人戦は諦め、団体戦に全てを掛ける。今までの功績など関係ない。

今、世間を騒がす「悪質タックル」などは、卑劣な行為である。以前は柔道も暴力問題に揺れたが、全柔連中心にルール改正や指導者の自浄努力で確実に功奏している。何より、選手生命を左右する事態を、意図的に集団で画策するなど言語道断である。

私も一昔前「けんか柔道」に遭遇している。襟裳を取って引き寄せたら、いきなり顔面に頭突きを喰らわし、フラッとした瞬間に技をかけるのだ。指導者が容認するのか、勝ちたいと願う血気盛んな選手の勢いなのかは、誰も判定できないのも事実。

息子は、もろに頭突きを喰らい鼻血を出した。出血は医療班がきて止血し、即試合再開。医療班は3回目を呼ぶと棄権負けになるから、後は自力で止血するのだ。因みに血のついた道着は、相手の要求で取り替えねばならず「代え」が無ければ棄権負けだ。

正々堂々と戦う気持ち


当たりの激しいスポーツは、いずれも凄まじい。だからこそ「故意」と「過失」の判断は難しい。意図して相手をつぶすは、本人しか知らない。正しく戦う心を醸成し、自覚なしの過失なら、それを指摘する指導者と本人が矯正する努力を忘れてはいけない。


先日のインターハイの支部予選では、個人戦各階級と団体戦も上位で通過。次の東京都の個人戦は、安田の選手は善戦するも残念ながら、軽量級が足立学園、重量級は国士舘にほぼ独占された。幸いなことは、大きなケガがなく次の団体へと繋がることである。

東京都は、全国から猛者が集うだけに優勝は簡単ではない。残るは、インハイ団体戦で東京代表の上位2校に入るしかない。実は、安田学園は支部優勝したので、期待して6月17日の組み合わせをみると、国士舘シード1のベスト4のヤマに安田がいた。

組み合わせの不運と「個人戦では重量級が国士舘に玉砕したが・」と嘆いたら、息子から「だから優勝するしかない」と返された。今、弱気な発言は厳禁だ。自分が恥ずかしい。

頑張れ、安田学園。気持ちで負けず、正々堂々と戦えよ!そして、インハイ2018の開催地「三重」へのキップを手に入れろ!・・最後に一言、「ケガだけはするなよ」。

正正堂堂こそ威武堂堂