2019年7月17日水曜日

安田柔道部⑧ 最後の金鷲旗!

安田学園柔道部の3年生は、増地主将の鹿児島インハイ出場と、福岡「金鷲旗大会」団体戦で引退となる。つい先日、入学したと思っていたが早いものである。

全国から男女482校、約3,400名の選手が金鷲旗の栄光を目指し4日間を闘う。翌日から高校剣道の「玉竜旗大会」も開催されるので、武道の國・博多の夏は、高校武道関係者と保護者の熱気で体感温度は急上昇するのだ。

この5人団体戦は勝ち抜きルールで、引き分けなければ、一人で何回戦も勝ち抜いていく豪快な大会。故にタフで強い重量級が揃う強豪校は有利。安田は軽量選手が多く、階級差がありすぎると厳しく、組み合わせとオーダーが重要にもなる。

初日はシードで試合がなく、二回戦は中堅3人までで勝利した。三回戦の相手は石川No.1の津幡高校。先鋒は引き分けたが、ウチの次鋒66Kに津幡は何と100K級。善戦したが、あまりの階級差に1敗を期す。中堅は引き分け、1敗のまま副将の息子は、津幡の中堅と対戦。組み手に苦しみながら大外刈りで一本。次の津幡の副将にも一本勝ちして2勝となる!

連続の2勝に、先生・選手・父兄は興奮度マックス。いよいよ津幡の大将登場。だが、石川のチャンピオンは強く、息子敗退。2勝同率で大将戦に突入。安田は時間いっぱいまで奮闘したが、指導2で惜敗となった。残念だが、精一杯頑張った彼らに万雷の拍手だ。因みに、決勝は「大牟田」対「国士館」で、国士館が優勝旗を手にした。

次は、鹿児島での主将の奮闘を、声を枯らせて応援するのだ。そして、3年は現役引退となる。高校柔道が終わってしまう寂しさは、本人より私のほうが強い。幸い、顧問先生のお陰で、息子はこの先も大好きな柔道を続けられそうである。

「今」 大切なのは かつでもなく これからでもない  一呼吸 一呼吸の 今である



最終日、川合先生は空港集合までを自由時間にしてくれた。子どもたちは、バスで海水浴場に行ったようだ。休日もなく、道着を着るのに日焼けは禁物の柔道部らしい選択である。息子は「皆、筋肉が多過ぎて浮かないんだ」と嬉しそうに話してくれた。今まで、練習に明け暮れてきただけに、さぞ楽しかったに違いない。

寝食を共にした彼らは、これから夫々の道に向けて、柔道でない個人戦を過ごすことになる。今この時を大切に、彼らの一途さが未来に繋がることを期待して止まない。
私の大好きな坂村真民の「今」を紹介したい。18歳の夏、一呼吸の今を忘れるな!

安田柔道部最後の団体戦!



















2019年7月1日月曜日

人生 選択の連続

入社の内定を頂戴した大学4年の娘。彼女は建築科の4回生だが、熱心に勉強している。特に理系は、企業は専門知識豊富な即戦力を求めるからか就職も有利である。

今は卒論で「アサリの研究」をしている。東京湾で1日中砂をあさってアサリの稚貝を見つけ、顕微鏡で覗いている。海洋設計とアサリの関係は謎だが、娘は楽しそうで何よりだ。

建築会社が求める職種は、工事進行を仕切る現場監督「施工管理者」が多い。ところが娘は大手建設会社を断り中堅の建材メーカーを選択した。施工管理者の多忙より、資格取得勉強のためか、休日固定のメーカーの労働環境を優先した。今時の若者である。のんびり娘は、自分の向き不向きを考えマイペースで歩んでいるようだ。

吾唯足知「われただたるをしる」


人生選択の場面には、現実を直視し最上の折り合いをつける時がくる。ノーテンキな息子にもその時が訪れた。中学で千葉県代表は昔話。努力だけでは強豪ひしめく高校の東京都では勝てない。「もっと努力すれば」は「言い訳」となり高校は終わってしまう。

勝負の世界では、最後一人の勝者と何十倍もの敗者が存在する。試合の勝者と人生の勝者は全く別物だが、どちらも当事者が自分で選択し掴むもの。柔道以外何も知らず、勉強も置き去りにした息子。この先にある生き方は、私には教示できない。

親ができるのは、子を見守り、受け入れるだけ。子どもには、一喜一憂の応援の日々という最高の親孝行を貰った。あとは、子どもの自立自走にバトンタッチと腹決めだ。

シェイクスピア「人生は選択の連続である」は、都度、選択肢をどれだけ見つけ、現在の価値観をどう見極めるかだと言うが、それが保証されないから悩むのが現実。


今までの学校、会社、家庭としての選択肢で、後悔しない絶対条件は一つ、人間関係で感じる「4つの幸せ」を共有できる仲間でいられるか。を一番の価値観と置いていた。

「愛されたい・必要とされる・役に立つ・認められる」の4つの追及の先にある、相手にそう感じて頂く。こんな環境を築けそうかが、人生最良の選択ではないだろうか。
子どもたちの人生の選択は?