2018年9月22日土曜日

こんな人になりたい。

9月6日の北海道大地震は、本社札幌の弊社にとって大事件であった。幸い社員は無事だったが、停電関連の問題解決に追われて、改めて危機管理体制を再考する機会となった。

危機管理は天災も人災も「先手の予防と後手の治療」の準備。それには組織内でやるべき事と、個人的には、自己成長を目指して、人格・精神、倫理観の醸成も大切である。

最近マスコミを賑わした二人の人物から、人災の有り様と、自己変革の肝要を実感した。
一人は、歴史に生まれた歴史の男、アマチュア協会の終身会長。二人目は、ひたすらボランティア活動をしながら行方不明の子どもを救った男。二人の共通点は、どちらも、同じ誕生日の78歳の男である。

しかし「人としての有り方」は対極に位置する。地位と名声を求める人と、何も求めず他人の為に尽くす人。いったい何が違うのか。自分の人生脚本とは、生い立ちや環境で幼少期に「禁止令」を自分に課してしまい、人生ドライブの「アクセル」と「ブレーキ」の基準も無意識に作り上げてしまうという。

二人は「何が幸せ・何を求める」の価値の基準が全く異なる。「自我」へのアクセルとブレーキが間逆であるから、終身会長の判断は、自分が満足か、納得か、良いか悪いかだが、ボランティアの方は、相手が満足か、納得か、良いか悪いかである。行動基準は「自分か相手か」の違い。これが天と地の差になる。

赤信号、みんなで渡れば怖くない


実は「自分」基準のトップ組織は、誰にも分かりやすく、組織がそれに応えようと動くので活発化する。反面、際限なく暴走する危険をはらみ、いつのまに「ウチの常識、世間では非常識」となり「組織崩壊」へと繋がりかねない。今、世間で噴出しているパワハラ問題や忖度も氷山の一角であろう。

自己主張が苦手な日本人は、権威主義的パーソナリティが強いといわれ、硬直化した思考によって、絶対的権力者に服従し、少数派を排除する傾向がある。戦前のファシズム、現代では「アムラー」など、それぞれがヒーローを求める由縁でもある。


「沈没船ジョーク」をご存知だろうか。沈む船から脱出する救命ボートに、女性と子どもを乗せ、男性に残ってもらう決め台詞。米国人には「お前はヒーローになれる」、ドイツ人には「これが規則」、日本人は「みんなが残ります」が効果覿面という話である。

この話、日本人の集団行動に走る皮肉。一人ひとりは、思慮深く相手を気遣うやさしさはあるのに、それを行動に移したり、異を唱える勇気と自己主張が弱い。その典型の終身会長の組織では、一人で信念を貫くボランティア男は、異質な少数派となる。

しかし、集団の平均的一人として皆んなで渡れる時代は、とっくに終わった。今後、目指す姿は「正しい信念と強い実行力をもつ人」である。欲を言えば、組織の中で排他されず、正しい主張を波及させる伝播力と、ある意味、立ち回りの器用さだ。

今夜もTV画面から、満面の笑みと元気一杯の「ボランティアの英雄」の姿が流れている。思わず、こんな78歳になりたいなあ、と画面に見入ってしまった。

人生脚本を変えていく



2018年9月2日日曜日

脂肪で太るな!

ようやく9月。残暑厳しいが食欲不振で夏バテ気味の方は、秋の味覚シーズンで体調を戻したいところだ。ところが、我が家は猛暑だろうが「食欲の嵐」は吹き荒れていた。

私はこの10年、糖尿病以来、高血圧、高脂血症対策でカロリーには気を配るも、体力低下による基礎代謝の減少は考慮してない。運動不足で筋肉が減り、下腹部は出るし、休日は4時に目覚める。寝るにも体力を使うので、年寄りの早起きは仕方ないか。

息子は、お盆の頃は「柔道合宿」であった。朝昼晩、どんぶり飯3杯と豚丼か牛丼の夜食がノルマ。これが軽量級の選手にはきつい。60、66K級の選手は、見事な腹筋と全身筋肉体系なので動きも早く、相応の胃袋で食欲に限界がある。100K級の息子のような重量級はパワーが重要で、一般的に太りやすくそれを筋肉化するタイプが多い。

丁度、軽量級と重量級の体系を車に例えるなら「ジープと戦車」。当然、燃料タンクも馬力も走行距離も違うので、簡単に車種変更はできないが、排気量を大型化する目論見だ。

合宿前、戦車の息子はアキレス腱を、ジープの友人は肘の腱を、後輩は肋骨を痛めてしまい、3人は上半身か下半身どちらかを鍛える筋トレと、食いトレの集中合宿となった。

監督の指示は、息子:腕立て1,000回、友人・後輩:階段昇降50往復とランニング。これを最下限でやった結果、とんでもない身体になって戻ってきた。友人は競輪選手、息子はレスラー。更に総合的練習ができなかった分、体重増加に転じたようだ。

食べ過ぎだけの体重増加は、脂肪が増えるから当然動きは鈍くなる。この体重で脂肪を減らし、筋肉を増やす絞込みが重要である。体積で脂肪10と筋肉8は同重量なので、脂肪を減らした分の「8掛け」の筋肉に転換すれば、体重は同じでもスリム化と同じだ。そこから筋肉が太りだすとベストなワンランク大型のアスリート誕生である。


さらに、筋肉1キロの基礎代謝は13Kcalで、脂肪1キロは4Kcalである。単純に筋肉体系は脂肪体系の3倍食べても太らない計算だ。逆に言えばダイエットにはこの3つしかない。
1.食事の質と量を変える。2.運動で体脂肪を落とす。3.筋肉で基礎代謝をあげる。

私も、基礎代謝が減れば、食事を変えて運動をするだけ。年齢と目的に合わせた上記3つの組み合わせなので、面倒と思わずに実践!と自分にも言い聞かせたい。

写真は、小6からの筋肉化への鍛錬が「脳筋」を併発した困った事例である。頭痛!

上段ビフォア、下段アフターだが、脳筋化はまずい!