2019年2月23日土曜日

ご縁が一番!

最近、26年ぶりにお会いした方に「何かのめぐり合わせ、ご縁ですね」と仰って頂いた。
瞬時によみがえる記憶と印象。容姿の変化はお互い様だが、根っこも眼光も変わらない安心感。「出会いは人生の宝」を実感するひと時である。

「ご縁」とは一体何だろう。人生は「命」という限られた時間を過ごすこと。この多くを、人様との出会いで費やす。生涯にしっかり出会える人は、約2000名程度と言われている。ならば、成長と感謝に包まれた出会いだけにしたいもの。私は、家内を筆頭に、多大な影響や成長させて頂いた出会いを「ご縁」と感じている。


私の人生最初の出会い・ご縁は両親だ。豊かな愛情と何不自由ない環境に感謝しかない。振り返ると、友人、先輩、先生、上司など良きご縁ばかりだ。良い悪いは自分の価値観なので、嫌悪、恨み、妬みの出会いの方は「反面教師」だと感謝するに切り替える。

いやいや、そんなに簡単じゃない。「嫌な奴は嫌だし、苦労したよ」もよく分かる。
私はそんな時「人生は一度だけ、そう思ったほうが楽しい」と唱える。相手を変えるより、自分を変えたほうが、よっぽど簡単だ。世の中で変えられないのは「他人の心と自分の過去」で、変えられるのは「己の心と自分の未来」と云うではないか。

固定観念・概念をぶち壊せ!


一般的に4歳までが生得的概念づくりといわれ「大きい・小さい・人・花・動物」などを認識、概念化する。人は優しい、動物が可愛い、花がきれいなどは、ここから始まる。そして、4歳過ぎに「自我」に目覚め、無数の概念の分別が本格的に始まる。

「真・美・善」と「偽・悪・醜」は成長過程での重要な分別。経験と脳の感覚機能の連合体で勝手な判断をするので、その環境次第で人それぞれ異なってくる。所詮、固定観念での「虚論」。善悪の概念は社会的秩序のために「法律」が生まれたが、これも国と歴史で変化するから、不変の概念の正解など存在しないのだ。

つまり、自分の固定観念と概念が正しいなどは大間違い。人様の本質を見抜き、自分の固定観念と概念を変えていくのが当たり前と、思い知ることだ。

歩道上の自転車を、突然なぎ倒す人をみたら「怖い人」と思ってしまうが、実は盲人用黄色ベルトを邪魔する自転車を排除して道案内したら「心優しい人」に変わってしまう。

小学生の理科テストの実話。固体の氷が解けたら「水になる」が正解だが、1人の子どもが「春になる」と応えた。これって、不正解?こんな素敵な感性の子には100点満点だよ。

感性を磨き、本質を理解し凝り固まった観念と概念をリセットすると、もっと色々なことが見えてくる筈。そうなると素敵な「ご縁」の出会いも飛躍的に増える気がする。

取りあえず、私の誕生日は祝って貰いたい日でなく、この世に生を授けてくれた最初のご縁「亡き母に感謝する日」に切り替えることを改めて決意した。

良きご縁が楽しい



2019年2月2日土曜日

安田学園柔道部⑥ 武道館の壁

高校柔道「3大タイトル」とは、①全国高校選手権大会(春の武道館)②金鷲旗大会(夏の福岡)③全国総合体育大会(インハイ)である。高校柔道部が目指す憧れの大会である。

3月の武道館・全国選手権大会を賭け、4地区予選を経た選抜メンバーによる東京都予選が開催。選手権は、個人戦が60.66.73.81K級と90以上の無差別級の各優勝者と、5名団体は勝ち抜き戦で、決勝の2校が武道館に進む。

安田学園は、81K級で増地選手が見事優勝し東京代表となった。加えて秋の国体の階級別予選参加者5名(ベスト8)が選出された。しかし、最大のヤマ場は団体戦である。

実は、昨年の実績でシードされた団体組み合せ表をみて、安田が東京代表への千載一遇のチャンスと色めき立った。周到な準備で望んだが、結果は力及ばず敗退。勝ちを目の前にしながらの惜敗である。悔しいの一言しかない。選手も応援者も、茫然自失であった。

勝敗を分けたのは「勝負への執念」かもしれない。力量以上に気持ちで負けたとしか思えない。敗れた心で糸が切れたか、その後の3位決定戦の不甲斐なさにも唖然。完全な気持ち負けである。どこかに油断や、諦めの弱い気持ち、自信喪失を、感じ取ったのは私だけでない。そのことが残念至極である。

部外者だが息子には、最後の1秒まで攻め続けず、受けに回ったことを責めた。詰めでの闘争心が勝敗の分かれ道だからだ。すると息子から「この負けを活かして、次回はガツガツいきます」との返事がきた。
いやいや違う「しなかった」から「次はする」の回答は単なる希望に過ぎない。

本気で変わろうとしない奴は、掛け声だけ。
本気で学ぼうとしない奴は、教えてもムダ。
本気で意識しない練習は、やっても成果なし。

と、息子に投げた。後は、自分で何が足りず、どうするかを考えて行動するしかない。
努力すれば報われるはドラマの世界。本気の努力で得るものは、報われなくても後悔しない納得感。振り返って、悔しさや「たら・れば」が出るうちは納得の努力ではない。

かく言う私も「あの場面でこうしていれば」の悔しさが渦巻くのも事実。未練一杯だ。
「後悔先に立たず」しか思い浮かばない凡人だから、坂村真民を読み返してみる。


「咲くも無心 散るも無心 花は嘆かず 今を生きる」


そうか・・無心で嘆かずか・・後悔と未練を乗り越えるのも本気の努力だな。

納得の努力まで



2019年1月18日金曜日

「伸びしろ」は魅力的。

3回生の娘の就活時期で、41年前の就職活動を思い出した。1978年は第2次オイルショック。企業は採用を控え、人気の会社はとんでもない競争倍率で、就職は困難を極めた。

当時一部上場の鐘紡の内定は嬉しかった。化粧品の内定者を横浜教育センターに集め、話題のCF視聴と豪華な会食に感激した。4月大阪の都島での荘厳な各事業合同入社式は、名門鐘紡を実感したが、繊維が本体も痛感した。

戦前、民間企業1位にもなった鐘紡は、戦後の財閥解体と基幹産業の変遷で、繊維・化粧品・薬品・食品・トイレタリー・住宅に分化するも幾多の迷走の末、崩壊・分離されカネボウ化粧品は花王に買収された。大企業病の驕りと縦割り組織が招いた結果である。

大会社は、人事部門が目的別・階層別教育を仕込み、評価、選抜から組織体制を目論むが、これは終身雇用と大量新卒、派閥等を前提とした形体。しかし大半の中小企業には無理な話。絶えず退職、採用、育成から知見を重ねながら仕組みを作るのだ。

生涯伴侶、滅私奉公の時代は終わった


手前味噌で恐縮だが、我が社には人柄も良く、自己啓発に取り組む社員が多い。重ねて、互いを尊重しあう社風なので、学び、教え合う場の開催・サポートの仕組み化が功奏し、人材教育が「人財共育」として機能している。

今や、終身雇用も、新卒者の培養も、学閥もなく、中途採用、まさに人物本位。安定より、働きがい・自由度などを重視する。結果、企業は生涯伴侶・滅私奉公・愛社精神から、ワークライフバランス・キャリアアップへと方向転換している。

就職も結婚も生涯「耐え忍ぶ美徳」は昔話。挑戦と出会いへのリセットは自然なこと。しかし過去から学習せねば同じことを繰り返す。己が一回り成長する事が絶対条件である。

自分が求める条件・処遇の基準は、受け入れ側も持っている。身の丈にあうかでなく、己に妥協せず、想定以上の身の丈に成長しようとする姿勢に、相手は魅力を感じるのだ。

私も採用する側になって、経歴や実績より、成長の予感でワクワクする人物を採用・登用してきた。それくらい「伸びしろ」は価値があり、その期待に投資をしたくなるもの。

入社後10年、当時の役員が「田辺の採用は、名前の志保が決め手だった。こころざしを保つに思わず期待した」の笑話。名前で伸びしろ連想かい!と憤慨したが、親には感謝だ。

未熟な娘。今は自分の「伸びしろ」を信じ、生涯成長しようとする姿勢を持ち続けろよ!

会社の魅力も「伸びしろ」か!






2019年1月5日土曜日

2019年も面白く!

2019年、明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い申し上げます。

我が家の年末年始は、娘がバイトで息子は柔道なので普段と違うのは、年越しそば、お雑煮、家族で初詣ぐらいだ。今年は、菅原道真公を学業の祭神とする亀戸天神に出掛けた。合格祈願の参拝者なのか、熱気と長蛇の列に驚いた。

安田柔道部の年末は、遠征合宿から大晦日夕方まで校内練習。息子はそのまま須賀道場の越年稽古に参加。大晦日に門下生たちが集い、元旦明け方まで稽古をつけてくれる。除夜の鐘で正座・黙想・挨拶後そのまま乱取り稽古突入。名門須賀道場の正月は圧巻である。


2019年で大切なのは、諦めない心。執念ある者は「困難」からでなく「可能性」から発想すること。「出来ない、過去に例がない」は言語道断。どうしたら実現するか、成功するかの視点で考え抜くことで、必ず道は開ける。

今年はオリンピックに向け、スポーツは益々面白くなり市場活性で好景気になるだろう。まさに「明日に好奇心こそ楽しい人生」の当り年。

皆様にも、多くの出会いと、益々の好奇心と喜びの一年を、心より祈念申し上げます。

2019年出会いは人生の宝!












2018年12月28日金曜日

2018年に感謝をこめて

いつの間にか2018年が終わる感じだ。慌てて本年を振り返り、来年を考えてみた。

弊社の2018トピックスは、念願であった札幌駅前に本社を移転。東京オフィスは全面改装して環境整備も整い、皆が快適に業務に邁進中である。

弊社の今期営業活動のキーワードは「変幻自在・臨機応変」。組織の役割り・縦割りに、横槍り・横串し歓迎で最適チームを機能させる。元々、仲間を褒め、認め、教え合う社風なので良好な科化学反応が起きている。(Uniposの事例)
https://blog.unipos.me/2018/06/01/fusion/

素晴らしいお取引様と社員の奮闘のお陰で、業績も好調な1年であった。改めて皆様に深謝すると共に、2019年も社員一同、顧客分析力や企画力を磨き、お得意先様の要望に幅広く、的確にお応えできる体制づくりを目指していきたい。

さて、我が家の2019年だが、3回生の娘が就職を考える時期となる。専攻の海洋設計は需要が多いと、娘は呑気なものである。息子は高3となり高校柔道の最終勝負。子ども達は重要な年だが、本人たちの自覚は甚だ怪しい。私はハラハラ・ドキドキの年になる。

まさかの坂を乗り越えろ


2019年は、試練と挑戦の年になりそうだ。人生、登り坂と下り坂の隙間に「まさか」の坂がある。まさかを乗り越える苦しさを「成長痛」として人は変わる。思わぬアクシデントや過去の成功が通用しない時代に、機敏に対応する柔軟性と正確さを肝に銘じたい。

色々とあるが、やはり健康が一番!最上の喜びは、社員も家族も元気に過ごせたことだ。拙いブログのお付き合いにも感謝し、皆様の「健やかな新年」を心より祈念申し上げます。そして来年も宜しくお願い致します。「報恩謝徳」

2018年の感謝を込めて









2018年12月8日土曜日

幸せへの道

柔道息子が、勉強に目覚めた。今まで部活で遅く帰宅・風呂・飯の後は倒れるように爆睡の息子が、毎日机に向かっている。あまりの変化に家内と「どうした?」である。

進学も進級も不安な息子に「勉強しろ!」と言ってきたが「うーす!」の生返事だけ。今さら親の苦言が功を奏したとは到底思えない。

原因を尋ねても「別に」としか返ってこない。まあ、やる気が出たので「ほっとけ」である。答えは全て自分に返ってくるのだから、親は静観するしかない。

世の親が言う「この子はやればできるんです」は無意味な言葉。やらないからできないのだ。大人でも「自分は、やればできる」の言い訳と同じ。「だったら、やれよ」である。
「強制でなく自発からしか、行動変化は生まれない!」のに、黙ってられないのは、やらない・できない・させない理由を、お互いの言い訳にしているからだ。

会社の人材教育もそうだが、学ぶ気持ちがない人に、幾ら教えても無駄。学びたいと思えば、教えなくても勝手に学ぶ。学びたい気持ちを醸成して、教育が共育になると思う。

息子の様変わりをみて、今までの叱咤激励を反省。結局、信じていないから文句がでる。高3目前に、仲間と将来を語り、刺激され、考えて、自分で変わりつつあるようだ。
勿論、変化だけで結果は約束されないが、結果への「絶対必要条件」なのは間違いない。

自分で選んだ道が幸せの道


とにかく、息子の変化の結果は座して待つのみ。柔道も全国レベルになれるかの勝負。おまけに、ここに来て、練習中に関節技で右手肘の靭帯損傷。大会前のリハビリも重なり、彼は、結構しびれるヤマを乗り越えなければならない。これも自分で選んだ道。自分で蒔いた種は、自分で刈り取るしかないのだ。

誰でも人生の岐路で、決断する場面は常に訪れるもの。劣悪な環境や、目標が高ければ目指す道は険しい。自分で決めたら、挫けようが、這い上がろうが、それが人生なのだ。

人間の成長過程を、スチーブン・R・コビーは「7つの習慣」でこう書いている。

「思い」の種をまき「行動」を刈り取り、「行動」の種をまき「習慣」を刈り取り、
「習慣」の種をまき「人格」を刈り取り、「人格」の種をまき「人生」を刈り取る。

結局「人生の収穫」は「決めた道への生き様」を重ねる道程が、幸せの道なんだな。

自らで良き人生を刈り取れ











2018年11月24日土曜日

あいつは、気が利く。

学校でもビジネスでも、地頭が良く、高いスキルと知見をもつ優秀な方は数多くいる。しかし、優秀=活躍かとなると、必ずしもそうでない。実は、周りから人気も信頼もあり、大活躍する方に共通するのは「あの人は気が利く」である。

「気が利く」とは、心配り・思いやり・配慮・気遣いなど。これは、好い奴・優しい・好感から信用、信頼へと波及しやすい。具体的な気が利く人の7つのポイントを挙げてみる。

まず①「挨拶と感謝」を大切にするので気持ちが良い。常に全体をみて②「場を読む」ので正確な状況判断ができ③「先読み」ができる。会話では④「相手を否定せず」⑤「聞き上手」なので人の気持ちや⑥「相手の気遣いに気づき」呼応した⑦「気配り」ができる。しかも、さりげないので、計算やアピールに映らないのだ。

並べると「気が利く」は容易ではない。しかし「気が利かない人」から学ぶ事はできる。「我」や「自己主張」は大切だが、極端すぎると付き合いが継続しない。先様が人物より、提案の中身次第だけになるからだ。また社内の軋轢も生みやすい。仲間の声を反映しないと、周りを巻き込む一体運営が成就できない。

前行程は神様、後行程はお客様


松下幸之助は「前工程は神様、後行程はお客様」と言う。部品などを供給する協力会社は神様の存在で、その後の行程を担う社内部署は、お客様のように接しろと言うことだ。

我が社も同様で、協力会社がなければ業務は滞るし、案件遂行の後行程、バックグランドの社内の企画・推進チームへの細心の気配りは、高質化と停滞解消への近道になる。

松下幸之助は、後ろの行程をお客様とするポイントを3つ上げている。
①お客様を意識した後行程の依頼をする。
②後行程の「しやすさ」を考えると知恵を出す事に繋がる。
③後行程に「困っていること」を聞いてみる。ニーズはそこにある。

世間で活躍する方は、自分の主張以上に相手を見つめ、謙虚である。総じて誰もが受け入れたくなる魅力がある。つまり根っこに「気が利く」があることだ。

「能ある鷹は 爪がない」


「切れ者」を目指した生意気な頃、ガツンと言われた上司の言葉が、今なら沁みる。
「剃刀のような切れ者は要らない。能ある鷹は爪を隠すだ。突き詰めると『爪がない』方がうまくいく。みんな自分より優秀だから協力を頼むのさ」

真の賢人は、あえて愚鈍を装う。組織内の承認欲求が渦巻く中で、自分を殺して相手を活かし育てる度量は、さすがである。因みに、この元上司には今でも頭が上がらない。

「能ある鷹は、爪がない」「吾、唯、足るを知る」こんな心境になりたいものである。

気が利く仲間に囲まれて