2020年1月19日日曜日

今ならブラック!だが。

自分にとって仕事の割合は大きい。優先は家庭だが、時間配分は仕事が中心。30代の営業時代は家庭も顧みず、当時流行った「24時間戦えますか」そのものであった。

あの頃、夜中も働く3つのボウ「ドロボウ・カネボウ・消防」が自虐ネタ。課長時代の合言葉は「今日中に帰ろう」。今なら許せない完璧ブラックだが、何故か楽しかった。

当時カネボウは、業界1位を目標に、トップ資生堂の実績を100に置き、自社比率を算出(対A比)。商品・キャンペーン、エリア・流通別売上など、局地戦でのNO.1を単純明快に積み上げるランチェスターの法則を展開していた。

当時、営業で全国一位のタナベ組は地獄の一課とも言われたが、皆が優秀で頼もしい軍団。ドンペリ・ステーキ・マツタケ達成会など我が家は居酒屋状態で、達成して平日にリクレーションなど、今から思うとやりたい放題であった。汗。

そんな彼らも今は会社の要で、とても偉いのだ。後年、部下から「今なら、当時の有難味が分かるが、あの頃は課長死ね!と念じていた」と言われて「そのときに憎まれても、部下が一回り大きくなり上司を超えれば、それで良いのだ」と言い訳した覚えがある。

そんな私も体調を崩し「殺す気か」と上司に詰め寄ったことがある。支社長は「そうや、死んでくれ。しかし死ぬときは一緒や」…憎くてずるいオヤジ(上司)だったが、妙に納得してしまった。思えば、あの時が「成長痛」であった。

人にやさしく、仕事に厳しく


マネジメントは、部下の強み弱みを把握し、各自の能力を機能的に最大化させること。部下を理解する為、興味と関心で会話を重ねることが「人にやさしく」で、業務を逐一チェック、常に叱咤激励を重ねるのが「仕事に厳しく」である。

もう一つ、規則・期限の厳守に妥協など在り得ない。野球なら、ユニフォームで打席に立ち、バットで打ち、一塁に走るのと同じ。ルール厳守の先にしか個人プレーはない。


死ぬこと以外は、かすり傷



人生の真は「我々は裸で生まれ、裸で死ぬ」という事実。来世に、地位や名誉は持ち越せない。今、自然災害や事故で苦しむ方は、当たり前を失った事態に直面している。まさに「死ぬこと以外はかすり傷」の心境だ。

当たり前の何かを失うと、他の事柄で悲しみ、悩む余裕も暇もなくなる。当然の境遇を感謝することで、喜怒哀楽の質も変わるし、その姿勢は成長への加速に繋がる。


最後に一言。私は、過去のブラックぶりを容認する気など毛頭ない。今、提唱する「働き方改革」とは、労働環境を整える企業側だけの問題でなく、働く側にも、限られた時間内での使命達成の意識改革が必要だと言いたかったのである。

私は、自分の働き方の礎が、ブラック時代に得たことを不幸とは思わない。時代の変化に対応するだけだ。意識の改革は環境よりも、決断するタイミングの問題なのだ。

皆の心は火の玉に!















2020年1月3日金曜日

2020年、ほんの少しの違いを。

謹んで新春をお祝い申し上げます。
旧年中は大変お世話になりました。加えて、私の駄文へのお付き合い、誠に有難うございました。本年も変わらぬご厚情をお願い申し上げます。


お正月は年神様と過ごす。


家々に幸せをもたらす祖先の霊「年神様」を、元旦にお迎えする行事がお正月。門松、松飾りでお迎えし、鏡餅やおせち料理をお供えし、祝箸で一緒に戴く。そして、小正月には「どんと焼き」の煙に乗って、年神様に天空へ帰っていただく。

こんな背景を知らず、慣例で正月を迎える方も多い。昨年は息子の越年稽古、娘バイトで惰性的な元旦だったので、今回は改めて年神様に感謝を籠めて、家族で正月を過ごせた。

左様に今年は、物事の本質を捉えた達観的「不易流行」を大切にしたい。良い処は踏襲し、皆で変えると決めたなら、不可能・困難を封印し、仲間と変革に突っ走るだけだ。

できない人と、できる人。


友人からの有難い教示・・人の能力に差はない。あるのは「ほんの少しの違い」だけと。
「過去でなく未来にこだわる」など、皆で「できる人」を目指していけば、足元の業績以上の「人財」という最上の成果へと繋がっていく。

2020年は重要な年となる。皆様の倍旧のご支援をお願いし、更なる躍進を目指して参りますので、何卒、本年もよろしくお願い申し上げます。

少しの違いが難しいな





2019年12月27日金曜日

怒涛の2019年

今年は色々ありましたが、皆さんはどうですか。私はJIMOS入社から2か月目にサイバー攻撃、個人情報流出と、怒涛の未体験ゾーンに突入した。

不謹慎だがこの件で、通販化粧品と情報漏洩は急速に理解が深まった。これで殆どの危機事案を経験したが、実感するのは「お客様にご迷惑をお掛けする」と「本来の事業活動が滞る」の2点は共通する事態である。

嘆くより、先ず腹を括る。そして、皆と難局を乗り切る意識を合わせたら、お客様対応を最優先行動とする。悩んだらお客様視点に戻る。あとはお客様が応えを出すのだ。

明日への好奇心を忘れるな


事業活動平常化への道のりは、何といっても社員の一致団結の賜物。皆で事態収束を念じ、総力を結集した事には、感謝の言葉しか出てこない。

JIMOSは、試練を糧に来年の正念場を迎える。実は、この事態でも商品への信頼は揺るがず、お客様の解約は想定をはるかに下回った。変わらぬご愛顧には有難くて涙がでる。

一方、今までの販促策の完全ストップは、ご新規様との出会いを失った。来年は新たなお客様との出会いを、我々の最大使命としたい。


さて、我が家の来年は、娘が新社会人、息子は大学柔道、家内50歳、私65歳の新ステージ。東京五輪の応援や、子どもの環境変化で何が出てくるやら、と好奇心で一杯である。

仕事も学業も、明日への「不安」を「期待」に置き換え、自らで「ワクワク感」を育むことが、人生を楽しむコツである。

本年頂戴した皆様のご厚情に感謝すると共に、2020年に向け、倍旧のご指導、ご鞭撻を心よりお願い申し上げ、年末のご挨拶とさせて頂きます。

皆様、どうぞ穏やかな新年をお迎えください。

2019年お世話になりました!





2019年12月11日水曜日

ミス・アース・ファイナリストに感激!

以前は、ミス・ユニバースの講師をしていたがJIMOS入社を機に、世界4大ミスコンの一つ、ミス・アースの講師をさせて頂くことになった。

90か国以上が参加する本大会は「地球環境保護」をスローガンとした特徴的な大会で、今後企業が目指す「脱プラスティック」など弊社にも関係する。加えてJIMOSのモノづくりと理念の「one to only one」とも共感でき、ミス・アースの審査員にも参画した。

全国3,000名から選抜されたファイナリスト34名は、優秀で熱心に聴講いただき、楽しい時間を共有できた。最終の研修は私から「美しさを築こう」と題し、無意識下の行動、内面を磨く、固定概念を捨てる、他人を認める器量などを話した。

固定概念は、環境、国や地域、時代でも千差万別。加えて相手を知らずの自己主張では、衝突するだけ。相手を自己開示させ理解を深めて、まず相手に好感を持つことが必要だ。
(ザイアンスの法則:過去ブログにて紹介)
http://tanabeshiho.blogspot.com/2013/11/blog-post.html

翌日の選考会で日本代表となった伊徳有加さんをはじめ皆さんが、環境保護活動を継続し、周囲を照らす存在としての活躍を期待して止まない。

化粧は日本の文化である


講演後、マキアレイベル商品をお配りした。美容液ファンデーション部門トップの「薬用クリアエステヴェール」はご愛用の方も多く、大層喜んで頂けた。

皆さんの笑顔を見て、化粧品が女性にとって、喜び・癒し・励みとなる特別な存在と再認識した。スキンケアとは「自分への癒し」。風呂上がりの自分の時間に、くつろいでお手入れをすることは、自分へのご褒美と安らぎを与えてくれる。

外出前のメイクアップは「自分への励み」になる。さあ、これから頑張るぞ!の自信とパワーがみなぎる。メイクで戦闘モードに、スキンケアで重い装備を脱ぐ感じである。

高齢の女性のメイクは、社会生活を想起するのか「尿漏れ」が改善する。化粧が活き活きの一助と言われる所以。その点、男は寂しい。元会社員が社内用語を聞くとシャキッとするとか。私が「売上と利益」で背筋が伸びたら少し悲しい。

本当に「美しい人」


象形文字「美」という字は、神前に捧げる「羊」の肉と「大」の字の組合せ。これは最上の価値という意味で、容姿を指すわけでない。最上の価値とは、老若男女問わず「一途」で「謙虚」で「本気」である方が「美しい」と、私は思っている。

この3つの実践者こそ、能力、容姿、成果を超越して「人間としての魅力」を手に入れる。人は、その実践者に魅了され、存在だけで自分たちに勇気と元気を与えてくれる。

言い換えると、我を張らず無我の心で夢を追う「無我夢中」の姿に、我々は魅力を感じる。やはり、座右の銘は「無我夢中」と、ファイナリストが再度教えてくれた。

*マキアレイベル

ミス・アースの方々と



















2019年11月16日土曜日

涙の訳

会社で若い世代との会話が増えたが、皆さん大人で分別もあり感心する。ときには育児社員との「子育て談義」にも花が咲く。我が家の経験話をしていると色々と昔を思い出す。

因みに、呆れたの「呆」の字の変化形が「子」。象形文字で「頭の大きい人」で子どもの姿を表す。大人でも「呆れた人」はいるもので、子どもは許せても大人は許容できない。幼少期は一般的に「自我」に目覚めて発育するので、自分中心に世界が回っている時期。

私は、子どもの成長のターニングポイントを、自分のために流す涙から「人の痛みに流す涙」の観点で子どもを見守ってきた。痛くて泣く、悲しくて泣く、辛くて泣く、悲しい話で泣く。これは自分ごとか自己投影しての涙。残念だが一生この涙だけの大人もいる。人の痛みに流せる涙の場面が、いつ来るか来ないかである。

上の娘が小5の夏。遠く離れた私の母が、すい臓がんの痛みに耐えての作り笑いに、娘は病院帰り「おばあちゃん、辛いのに」と大泣きした。不謹慎だが娘の感応性に納得した。

息子が道場入門半年目の小6の時、いきなり千葉県3位となり本人も道場も大喜び。そんな最中、船橋主催の小さな大会で、釣り手を封じられて負けた。なんと初戦敗退のショック。

会場の隅で悔し涙に暮れる息子。先生は息子に「いつまでも泣くな。明日から組み手の練習だ」。私も「顔を上げろ、これからだ」と言っても、息子は更に肩を震わせている。

めそめそするな、男だろ!と先生も私も思った。しかし、あまりの号泣に違和感を感じ、涙の訳を尋ねた。「どうして、そんなに泣くのだ?」

「お父さん、自分の負けは仕方ないと思ってる。僕が泣いているのは、こんなに親身に教えてくれる先生に応えられないことが申し訳なくて…それでも僕に声をかけてくれる先生の気持ちを思うと涙が止まらないんだ」彼の涙の訳を知った。「人の痛み」に涙した場面だったのだ。私は先生に、息子の号泣の理由を説明した。

先生は「自分は、負けても自分の悔しさでしか泣いたことがないです。…あいつ、俺のことを思って泣いていたんですか」と先生から大粒の涙。「勇斗を本気で指導します」先生自身が、息子の痛みに流した涙だったと、後日語ってくれた。

友の悲しみに我は泣き、友の喜びに我は舞う


「友の悲しみに我は泣き、友の喜びに我は舞う」私の好きな言葉である。自分の喜び・悲しみから、人のために感応できる人が、本当の大人に変わっていけると思っている。

結婚した22年前、禿デブ厄年42歳と、初婚で一人娘26歳のアンマッチに、彼女から披露宴の冒頭で新郎挨拶を熱望された。セオリーにないので訳を聞くと、私と初対面の親類がおいしく料理を楽しめる為、彼が挨拶すれば、人となりを理解し安心するからと。このリクエスト、ハードルが高い。

当日は、ありのままを話すことにした。冒頭の挨拶の失礼を詫び、家内が料理に拘ったこと、ご親族が食事が喉を通らないかの不安、私の話で安心させたい彼女の思い、等々お伝えするうち、ご親族の目が穏やかになってきたようだ。

最後に「私の好きな言葉、友の悲しみに我は泣き、友の喜びに我は舞うを、本日より、康代の悲しみに我は泣き、康代の喜びに我は舞う、をお誓い申し上げます」と結んだ。汗。今もその気持ちは変わっていないので念のため。(笑)

幸い、皆様から笑顔と拍手と少しの涙。家内の思惑は奏功したようだ。ただ一人、義父だけは、酔っ払って「あいつの首を絞めて殺してやりたい」と仲人に漏らしたそうな。笑えない話だが、今は孫の存在もあり、関係良好をお伝えしておく。

人は死ぬまでに2,000名の方と出会い一生を終える。死ぬ間際に思う人は100名。だったら、嫌な奴は反面教師と喜び、全て幸せな出会いとなるよう意識を変えた方が得である。

「出会いは人生の宝」今日はどんな出会いや、泣き笑い、再発見があるかとワクワクしながら過ごせることに、感謝の日々である。

皆、よい大人になりたいね!









2019年11月1日金曜日

JUDOと柔道(安田柔道部番外編)

8月、日本での世界柔道選手権大会は興奮した。オリンピックの柔道も、聖地・日本武道館で開催されるので、日本選手の活躍が楽しみである。

ラグビーワールドカップは、日本のベスト8の快挙に、俄かファンの私も卒倒寸前。階級制限もなく、体格、パワーに勝る外国勢に、半端ない練習で培った鉄壁のチームワークと、最後まで全力で食らいつく気力と持久力は圧巻であった。

柔道とJUDOの違い



世界199か国が加盟する国際柔道連盟(IJF)の「JUDO」と日本の「柔道」は同じようで違う。私見も入るが、IJF(含オリンピック)の外国人選手は型にはまらず、力技、相手への指導誘い、組手封じ、相手からの返し技など長けている。

ポイントで勝つJUDOと、返しを恐れず1本に拘る柔道とは価値観が異なる。柔道人口は日本が16万人、ブラジル200万人、フランス56万人とシェアの違いもあり、JUDOが直ぐに変わらずとも「柔よく剛を制す」は不変と関係者は口を揃える。

爽快な1本勝ちだけでなく、勝って奢らず敗者を気遣う大野選手など、柔道に魅了される外国柔道家が増え、武道の魅力が万国共通になりつつある。その為にも、日本の柔道人口拡大とファンの獲得は必須。「俄か柔道ファン」大歓迎である。

改めてルールを紹介すると、一本・技あり×2・指導×3で勝敗が決定。組まず、場外、掛け逃げ等、消極的姿勢に指導だが、実際はポイントで有利だと攻めずに時間切れの優勢勝ちを狙い、不利な方は攻めるのみ。どちらも攻めてほしい場面だ。

ところが残り1分頃から、お互い攻めずに守るシーンが増えるのは事実。歯痒くて息子に聞くと、決して逃げや諦めたのでなく、体力の消耗で気持ちとは裏腹に体が動かなくなるらしい。つまり、正念場で技を仕掛ける「気力と体力」の残存量で決まるのだ。

オリンピックの柔道観戦に向け、組手争い・指導ポイント・残り1分の攻防戦を知っておくと面白さ倍増なので、長々と説明させて頂いた。


「執念ある者は可能性から発想し、執念なき者は困難から発想する」



息子たち高3生は、大学での柔道の取り組み度が、進路や環境で分かれるのは仕方ない。彼らの形相は戦闘モードは影を潜め、別人の顔つきになっている。しかし、柔道家としての礼節と、最後まで食らいつく精神力と体力は、簡単には消えない筈だ。

息子は、尊敬する先生が就任する大学で、男子柔道部の新設一期生の道を選んだ。先生とゼロから立ち上げるので、伝統も先輩も踏襲もない分、成果も責任も真っ白な道である。


我が家の合言葉「執念は困難でなく可能性から発想する」を再度、息子は胸に刻め。そして、柔道部3年生は、これからの未来の夢に向け「明日に好奇心」の火をつけろ!

前途洋洋の君たちが、柔道家の魂を根っこに据えて、強く歩むことを願うばかりである。


いつまでも柔道家たれ!




2019年10月19日土曜日

後手の治療より先手の予防

2013年カネボウ白斑問題では、重すぎる縦割り組織と初動の甘さを指摘され「後手の治療より先手の予防」を痛感したが、世の中、防ぎきれない事故に直面することも多い。

実は弊社は、8月より本サイトを閉鎖している。お客様へのご迷惑とご不便は計り知れないが、不正アクセスのサイバー攻撃に会い、情報流出の懸念と被害拡大を回避し、販促活動も停止している。このような状況下、個人ブログは差し控え、今に至った。

会社としては関係機関への被害届け、お客様の対応と共に、専門機関と連携し調査を依頼。ようやく出た調査結果から、情報流出の経緯・規模・個人を特定させて、信販会社とのやり取りを経て、公表となった。大分お待たせし、お客様には多大なご不安とご迷惑をお掛けしてしまった。

我々はこの事実を重く受け止め、お客様に誠心誠意対応させて頂くことと、万全の仕組みと体制づくりに邁進する所存である。お客様には、心よりお詫び申し上げると共に、ご理解を頂戴するには、今後の活動で示すしかないと思っている。


人生、上り坂と下り坂と「まさかの坂」あり


今、オリンピックを控える日本は、世界からサイバー攻撃の標的になっている。個人情報や企業情報を狙って、連日アタックされていると聞く。最新のセキュリティー・システムも「鼬ごっこ」で破られてしまうというから驚く。企業は、あらゆる事前防止を高じるしかないが「まさかの坂」の危機はいつもどこかに潜んでいる。

柔道の危機管理でも、練習前後のストレッチはケガの防止。試合に替え道着持参は、破れ・血痕付着時、替えがないと失格。もう一つ「売られた喧嘩は買うな」も重要なリスク防止だ。暴力沙汰は、何より柔道部自体が存続できなくなる。

手を出せないことを承知の上で、耳の潰れた坊主に絡む連中がいる。サイバー攻撃と同じで脆弱性を突いてくる。理不尽でも耐えるのだ。とっさの足払いや締め技は過剰防衛で以ての外。ここは、ひたすら勘弁してくださいで乗り切るしかない。

振り向くな、振り向くな。うしろには夢がない



私が幾多の危機から学んだことは、リスク管理を徹底しても、事件・事故は起こるもの。問題は、その時と、これからをどうするかだ。真摯にお客様に寄り添そうことで、ご不満のユーザーが「サポーター」に変わり、逆に励まされ涙したこと、事態を乗り越えた社員が、一回り強くなることを体験した。まさに「成長痛」である。

しかし、痛みは今で、成長はあとから分かること。今は社員一丸でお客様対応に全力を尽くすのみ。我々の不安など、お客様へのご迷惑やご心配をお掛けしていることを思えば、何でもない。

注意すべきは「一難去ってまた一難」のまさかの連鎖。この打ち手は大丈夫だと慢心せずに再度、精査することだ。それと、上長は仲間の疲弊にも目を配ることが肝要だ。

この事態を乗り切り、いつか「まさかの坂」が、社員と弊社が更に大きくなる道のりだったと振り返られるように、今は精一杯動くしかない。

今は信用の回復に全力!