2018年2月17日土曜日

安田柔道部奮闘記2018①

2018年早々「全国高校柔道選手権大会」東京都大会が開催された。個人戦は各階級1名、団体戦は上位2校が全国大会に進む。安田学園柔道部は健闘したが惜しくも3位で終わり、優勝の国士舘と準優勝の足立学園が全国進出を決め、安田は補欠校となった。

国士舘、足立、日体荏原、修徳が東京シード4強といわれて久しいが、今回、安田学園がその構図を変えた。この安田の動きに他校も黙ってはいない。ライバル校は相手メンバーの階級、得意技、弱点の分析と攻略法を念頭に、練習と身体作りを仕込んでいる筈だ。

安田の新3年生は重量級揃いだが、新2年生は実力者だが重量級選手が少ない。どうしても5人の団体戦では「重くて強い」選手が揃っている方が有利である。

たしかに軽量級選手が、重量級から一本とる爽快感はある。しかし階級差にも限度があり、出来るなら「食いトレ」で体重を増やし各自の階級を上げたいものだが、軽量級選手は体脂肪率が数%台の筋肉質と、それに合う胃袋なので大変な荒行である。

もとから大喰らいの息子は、中学3年「81kg階級」から高校1年後半で「100kg階級」に上げられたが、一般的には練習で体重が2~3kgは落ちるので、維持する以上のカロリーを摂取しないと体重増加に転じない。まして、肥満体は不要で、ついた脂肪を筋肉に換えて絞り込み、また増量の連続なので、まさに「食い続ける意志と胃袋」も必要だ。

逆に階級を下げるのも大変である。痩せるだけの食事制限だけでなく、本来の動きやパワーを損なわない栄養とトレーニングが前提になる。理想は、普段が階級上限を超えた体重とパワーで、少しの減量でパス!だが、そう簡単にはいかない。柔道に限らず階級制の競技は、まず自分との戦いから始まるので、その面でも厳しい世界である。

花は一瞬にして咲くのではない、花は一筋に咲くのだ。



安田学園柔道部の次なる目標は、夏の総体(インターハイ)都大会で、個人戦各階級優勝と、団体戦で上位2校に入り全国大会に進むことだ。新3年生は7月の金鷲旗大会、8月の総体インハイで全国規模の大会は引退となる。途中、予選負けでは終わりたくない。

5月26,27日の都大会個人と6月10日の団体戦に向けて、体調と体重の自己管理、技の研究、持久力、筋力、体幹の鍛錬など、安田柔道部の再始動は熱くなってきた。
川合先生作成のスケジュール表は「残り110日、109日・・」と日別に記され、寒稽古、出稽古、講道館、春休みの関西遠征など行動計画も余念が無い。目指せ!全国大会だ。

安田気質は「強制的にやらせる」でなく「自主的にやる」だ。「手抜きやズル」も「一途や真面目」も己の裁量である。自らの課題の克服に一日一日を過ごし切るだけである。

「一途な彼ら」を見守るだけの私が、今出来るのは、先人が残した真理「珠玉の言葉」の伝道と、子どもたちの報告に耳を傾けるだけである。

一途な安田の面々と、大喰らいの階級変化模様









































2018年2月1日木曜日

にんげんりょく

スマホを離せない人が当たり前のようだ。電車でスマホ、会社ではPC業務、自宅でスマホ、PC、ゲーム、動画。これらに費やす時間はおそらく「人との接触時間」を越えている。メール、チャット、SNSを駆使すれば、1日に1度も声を出さないで済んでしまう。

あくまで私見だが、会話が乏しい方の傾向として「話下手」「聞き下手」「表現下手」が多く「無表情で声が小さい」もある。勿論、会話減少がスマホが原因と言うつもりはないが、子ども時代からの使用は「ヒトとの会話」を減らしている一要因ではある。

友人の日本プレゼン・スピーチ協会の荒井理事長は「人の話を聴く」と「人に話をする」ことは、相手と「命」をやり取りをすることだと言う。つまり「命=時間」。聴くことは、相手に時間(命)を差し出すことで、話すことは相手の時間(命)を頂戴することである。真摯なやり取りをしなければ、勿体無いし、相手に対して申し訳ない。

真摯なやり取りとは、スムーズな会話のことでなく、聴いてくれ、話してくれて「有難う、良かった」と思い合えること。その為に魂こめて五感で会話をすることだ。我々は地上最強の哺乳類上の「ヒト」であるが、ヒトとヒトの間に生きる「人間」でもある筈だ。

勿論、我々は「人間」として常に発展途上であり完成形ではない。未完成ゆえに「上っ面の会話と接触」は、相手の受け止め方に違いが出てくる。だから言動による被害者と加害者の過剰反応が横行する。受け止める感性と、好きか嫌いかの背景もあり、だれも真実は分からない。しかし加害者にならない為には「相手への気遣いしかない」のは事実。

「世の中」渡るには全て相手がいるわけで、無人島でもない限り「自分ひとりの起承転結」は限られる。だからこそ相手を想った「命のやり取りの会話」「五感で会話」を心がけ、仲間と、刺激しあい、励ましあい、認めあい、喜びあう方が良いにきまっている。

まず、些細なことから会話をはじめる。「苦手な相手」とはその方の「人間的側面」を知らない場合が大半だ。重要なことは「自分を分かってもらう」でなく「相手を分かろうとする」会話を肝と命ずることだ。そうすると、相手が違って見えることに驚く筈である。

人間力を育む達人たち「相田みつを」と「坂村真民」の言葉が、今更ながら身にしみる。













2018年1月18日木曜日

故郷を思う。

毎年、富岡八幡宮で初詣が恒例だったが、暮れの悲惨な刺殺事件のニュースに、我が家は満場一致で、富岡八幡宮初詣は中止となった。

他で初詣となり、スポーツの神として有名な「亀戸の香取神社」に出かけた。「勝ち守り」を求めるスポーツ選手も多く、家族それぞれに打ち勝ちたい祈願に最適であった。思えば、全国色々な処で初詣をしている。

広島時代は「厳島神社」によく行った。「パワースポットって本当にある!」と実感した場所で、いつ行っても不思議と心地よいので、家族で年に10回は宮島に出かけていた。

娘は、広島の生活が大層気に入ったようだ。ゆったりと時間が流れ、人は優しく、気候も穏やかで、小学卒業と中学入学の広島生活が、彼女のおっとりとした素朴な性格を醸成したと思う。浦安に戻り中2年で転校すると、かつての親友は理由があり学区外に通っていた。皆、偏差値は高いのだが、大人びた女同士の妬みや競争世界に戸惑っていた。

そのせいか完全マイペースの娘は、大学の建築科で海洋設計士の道を選びコツコツとやっている。全国都道府県の土木課が建設する「橋」には欠かせない資格で「就職にも困らず、将来は大好きな広島に住めるから」と言われたのには正直驚いた。


故郷は遠きにありて思ふもの




途中転勤で居は変われども、新浦安に家を持ち15年、夢の国は年間パスポートで楽しい思い出が一杯だ。先日、娘は念願のミッキーたちとのTDLの成人式にも出席できた。ところが、娘の感激をよそに下の息子は、柔道理由に住所変更して過ごした市川七中が好きで、成人式は市川市で出たいという。どうやら現在、彼の地元は「市川」のようだ。

思えば私自身、高校から静岡を離れ大学・会社と延べ48年間の内訳は、全国行脚で13年、東京勤務で35年だ。転居も17回もすれば完全な風来坊である。どこが地元か分からない。地元の認識が、娘と息子と家内とそれぞれ異なるのも当然だ。

それも年輪と共に「地元の認識」も変わったり、増えたりするのかもしれない。共通点は「良き思い出が多くて、後に郷愁を感じる処」が、現在の自分の故郷になるのだろう。私などは忘れがたき故郷は、いまや4箇所はくだらない。

ずっと故郷の方には関係ないが、離れて暮らす我々は、異郷の地で、つらくて故郷に帰りたいは避けたいもの。故郷は何かを頼るところでも、逃げ帰る場所でもない。自分を育んでくれた人々への感謝が、昇華され「大切な思い出」として、いつまでも懐かしむ場所として存在してほしいものだ。

さて、皆さんの「心の故郷」はいかがでしょうか。

思い出の数が故郷













2018年1月1日月曜日

2018年も冒険だ!

新年明けましておめでとうございます。恙なく新年を迎えられますのも、一重に皆様方のお陰と深く感謝申し上げます。


生活研究所2017年度の話題の順位は、1位インスタ映え、2位将棋、3位ドローン、4位格安スマホであった。そして今年のヒット予想は1位格安スマホ、2位高齢ドライバー事故防止、3位宅配ボックス、4位ドローンとなっている。

自動車の自動停止装置普及は、保険会社の事故保険の見直しを迫り、電気自動車拡大は関連企業の存続や環境を変えていく。高齢ドライバーの免許証返納は、タクシー、バスの返納者向け割引制度や、バス乗り放題パックなどを目論む。

新たな市場は、衰退する産業と隣り合わせで、挑戦の見極めと決断の加速が大切になる。挑戦しても、途中での早期撤退も肝要だ。我々は今までの経験で未来を予測するので、未知に臆病になり「今までが」や「今が」に固執する。

ようは、なかなか冒険出来ないのである。昔、警察幹部の方から「一流詐欺師」の話を聞いたが、ヒトは「身の丈」を超える大きな判断事ほど、自分で決められず他人の言葉に左右されるらしい。人生の大英断に「大丈夫!」の無責任な詐欺師の一言でコロッと騙されてしまうらしい。決断は自分でするしかないのだ。

ターゲットの「身の丈の判断基準は?」と尋ねたら「自分で手にしたことがある現金」と返ってきた。田辺だと今までに手にした数百万円が「身の丈の想定額」か。投資効果のない餌食なので、詐欺師には縁がない。

しかし身の丈を意識して、冒険せずに小さく纏まるのは最悪だ。成功への開運には、大胆に進化・変革への冒険をしないと始まらない。「運」は自ら掴み取るもので、与えられるものでない。特に若者は「身の丈」自体が無限の可能性。現在を起点に考えず「人事を尽くし天命を待つ」から「天命を信じて人事を尽くす」に徹することだと思っている。



世の中 運が良い人と、運が悪い人など存在しない。

運が良いと思う人と、運が悪いと思う人しかいない。



偉そうに書いたが、安田学園柔道部の息子たちをみて、素直にそう実感する。浮世のしがらみから離れ、クリスマスから年末までの大会、遠征、大晦日の越年稽古と、ひたすら練習に明け暮れるのも、夢の実現を信じるから今を必死に過ごせるのだ。

そう、今の努力は間違いなく「己の進化」は保証してくれる。勝利に近づく唯一の道であることも間違いない。新3年生は、最後の高校柔道全国大会。2年生になる息子もあと2回しかない。挑戦者には「悔いある1日」など存在しない。


迎えた2018年。
63歳翁も、全ての物事を前向きに捉え「自分は運の良い人だ」と信じ努力していきたい。
今まで以上に、社業と家業にまい進する覚悟でおりますので何卒、倍旧のご支援ご指導と、お引き回しのほど宜しくお願い申し上げます。平身低頭。

良運を信じる人と!













2017年12月9日土曜日

2017年の師走に。

街がクリスマス模様に変わり始めたら、あっという間に2017年度も終わる。相撲界も気になるが、皆さんにとってはどんな1年であっただろうか。

私見だが、今年の大きな出来事は、米国のトランプ旋風。己の利益優先は世界を圧巻した。それとショックだったのは、東芝ボロボロ事件。7,000億負債までの経営は、危機感から変革進路に舵を切っても、なかなか進路が変わらない巨大船のようだ。

恐ろしいのは、リーダーが自己中心主義と既成概念やシガラミで「身勝手なゆで蛙」になることだ。沸点に気がつけば崩壊だが、周りを引き込むのはご法度だ。

弊社の2017年は、株式上場初年度として、働きがいのある会社づくりに突っ走ってきた。「育メン」「副業」、今月からは「フレックス」制の導入と、お取引様と共に売上げ拡大に邁進しているうちに、師走を迎えた、と言ったところだ。
お陰様で業績も好調で、お客様はじめ全てのステークホルダー様に、感謝、感謝である。

一方、我が家に目を転じると、娘は海洋建築科の2回生の課題に取り組んでいる。橋の建造も、耐震、風力、強度など物理学での設計。私には何のことやら分からんが、PCで自動計算する前に自分で手計算して仕組みを解明させるようだ。私はエールを送るだけ。

息子は高校生活が始まったが柔道一直線は相変わらずだ。100K級の技と体幹を磨き上げ、激戦区の東京で、どこまでいけるかの勝負が始まった。親は、息子の「柔道、メシ、風呂、寝る」パターンに「自力起床」と「勉強」を加えるのが目下の最大の課題である。

子どもたちは、まさに「ゆとり世代」。指示まち、打たれ弱い、身勝手などと言われる世代だが、ここは前向きに、マイペース、堅実、実直、真面目と捉えるほうが気が楽。
そんな子どもに、最近家内は「今の若い子は皆そうかしら」と愚痴る事が増えてきた。

しかし案ずることなかれ、年配者が「今の若い者は!」と嘆く姿は江戸時代からあった。皆さん、嘆かれ、嘆いてきた。時を重ねて解決する事も多いので、気にすることはない。
加齢のシワを、嘆きの眉間の縦ジワにするよりも、笑顔の横ジワにするほうが美しい。

そこで、痴呆を案ずる翁から、珠玉の言葉を「家の神さん」に贈りたい。合掌。


2017・田辺の思い出
















2017年11月14日火曜日

愉快なケセラセラ生活。

共に仕事をした友人の後輩が定年を迎え、仲間たちと壮行会を開いた。おしゃれで陽気で純粋な愛されるキャラの方である。多くのファンに囲まれ、これからの人生もエンジョイしながら歩み始めるに違いない。

彼のような「天然の陽気」は貴重である。一般的に楽天家、社交的、ラテン系、ノー天気、無神経、前向きなど多くの表現があるが、現在の日本人でこのキャラを素でお持ちの方は、2割程度と言われている。しかし少ないから優れていると言うわけでない。

ただ、陽気な性格はマネジメントでは有利とも言われる。ほめる部下への喜び表現、労いの言葉、叱った後の自然に出る笑顔やフォローなどは魅力的。リーダーは陽気を装う努力をする。以前、尊敬する上司から「田辺は得だ。俺は努力して根明(ねあか)を装うのに、おまえはそのままだからな」と言われた。天然の私は少し複雑である。

部下を叱るには「その場で、その事だけを、短く」が鉄則である。遅刻した部下に理由を聞く前に、遅れた事実に対して、一喝。後でフォローすればよい。後腐れなく!が大事。
叱り方を一歩間違うと「違う場で、そのこと以外も、ダラダラと」になる。これは最悪。

悩み多き者よ


自分の心労防止のためには、ニワトリの「三歩、歩くと全て忘れる」がコツだ。過去の柵に縛られず、忘れて次に進みたい。失恋の痛手でも「恋を保存する」タイプと「恋を上書きする」タイプの違いのどちらかだ。因みに保存タイプは圧倒的に男性が多く、上書きタイプは女性が多いらしい。やはり女性はタフである。

「男よ、いつまでも引きずるな。女性はもう立ち直ってるぞ」

医学的に、悩んだときには甲状腺から男性ホルモンが分泌されることで、悩みを乗り切ろうとする。そのため別名「ケセラセラ・ホルモン」といわれる。

男性ホルモン「テストステロン」の前向き高揚効用は既にご存知だろうが反面、ケラチンという髪の生成成分の活動を阻害したり、皮脂腺が急に活発になるなどの副作用もある。一晩で白髪になるとか円形脱毛症などは顕著な例だ。冬場なのにお肌の油分が急増する女性を調べると、受験生を抱えた母親だったりするのも頷ける。

ストレス乗り越えのテストステロンが、イタズラするだけと思えば気も楽になる。まことしやかに「禿げに癌なし」とか「ギラギラは精力的」とかいわれる由縁でもある。

ストレスとは「こうなりたいのに、そうならない」状態。現実とのギャップは当然と受けとめ「男性ホルモン、出てこいや」だ。私、もはや禿げ止まり、肌の乾燥時期だから。

朝がこない夜はない。朝、目覚めたら「今日、生まれた」と思い、上書き人生のほうが愉快だ。どうせなら、ケセラセラ気分で「陽気を装い、楽しむぞ」ぐらいが丁度良い。

陽気を装う努力の姿?
















2017年10月30日月曜日

面白い!安田学園柔道部

先日、東京都の高校学年別柔道大会が開催された。各学年の3人制の団体戦で、今後を占う注目の大会だ。安田学園はベスト4に勝ち進み、準決勝1年は安田学園×日体荏原、修徳学園×国士舘、2年生は安田学園×修徳高校、国士舘×日体荏原となった。

安田学園は日体荏原、修徳に勝利し国士舘との「安田学園×国士舘」ダブル決勝戦となった。結果1年生準優勝。2年生は見事優勝。まさに4強相手に快進撃である。

全国から逸材が揃う強豪高をやぶり、安田学園がなぜ好成績を修めたのか。
現在の2年生は一昨年全中優勝したメンバーで力量は申し分ない。しかし高校柔道は精進次第で身体能力も技術力も最大化するので、中学での実績が担保されない。

努力しても結果が出ない。安田選手たちは他校選手の成長を認めた上で、今までをリセットする覚悟で「効果的な集中練習」を模索し先生と計画をたて、ひたすら実行し始めた。

朝練はランニングと筋トレに特化、放課後は「技の研究」とその磨きに集中。定期的な講道館通いも大学生との乱取りが目的だ。自主性重視の練習と尊敬するフレンドリーな先輩たちと楽しく厳しく鍛錬するうち、息子も体格と動きが徐々に変化してきた。

「文武両道」の部員は、常に参考書片手に1分たりとも無駄にしない。柔道の合間の過ごし方が、ゴロ寝している息子とは大違い。「先を見据えて今を生きる」のお手本である。

自発的な選択と集中が功奏してきて、部員の顔付までが変わってきたようである。

東京都学年別大会勝利に喜ぶ安田学園柔道部


ロシア・チュメニ国際大会に出発


興奮冷めやらぬ大会4日後、安田学園16才の選手5名が、遥かロシア・チュメニ国際柔道大会に出発した。川合先生の仕込みのお陰でロシア柔道連盟から招待されたのだ。

60K級、66K級、90K級2名、90超級の計5名がエントリー。世界15カ国から500名が集結する以外概要が分からず一抹の不安と期待を胸に5日朝、先生と選手は成田を出発しモスクワ経由での乗り換えを経て、無事チュメニに到着したのは深夜の3時頃だった。

ロシアは広い。モスクワとチュメニで時計を2度戻し、スマホのラインも使えず連絡を取る術もない。とにかく日本では7日の14時(現地10時)からPCで繋ぐ。オリンピックセンターでの民族舞踊や軍隊実技など開会式の規模に驚き、ロシア国際大会を実感する。

異国の選手のレベルも全く分からない中、60Kの笛田選手の出番がきた。まずは初戦、2回戦と歓喜の勝利。続く3回戦で惜しくも惜敗したがベスト16である。笛田選手の雄姿に「よくやった」と彼の奮闘を労うのみである。

大会2日目は、残る4選手の試合である。家内と手に汗握る観戦が始まる。各男女のスケジュールを帯同のご父兄の連絡を頼りに、4場面別の画面にひたすら目を配る。
第1会場では66K・近藤選手が勝ち進むが第5戦目の準決勝で惜しくも敗れる。第3会場では90K・息子と小林選手、90超・奥谷選手が勝ち進む。しかし小林選手は準決勝で惜敗。

残る田邊と奥谷は決勝戦に進出だ。見ている方が疲労困憊。ここで2時間の休憩後「3位決定戦と決勝戦」もはや近藤・小林選手は「銅」、田邊・奥谷は「金」を狙うしかない。

執念のメダル獲得


のちに息子から聞いたのだが、日本勢の活躍に観客からの歓声と写真攻めが凄かったらしい。一番人気の近藤選手の3位決定戦は感動的だった。流血の頭に包帯を巻き、残り2秒でかけた渾身の大外刈りがビデオ判定で一本となり、歓喜の逆転勝利となる。勝った瞬間、彼が道着の裾で涙を拭う仕種に我々も涙した。

小林選手も一本で勝利し2人の銅メダルが確定。あとは決勝戦である。息子の相手は190cm近い巨体。長い手で背中から帯を掴み隅返しを喰らう。かわし切れず「技あり」。その後は果敢に攻めるも、うまくかわされ時間切れ。惜しくも銀メダル。奥谷選手は隙を逃さず見事一本!金メダルを獲得した。凄いの一言。

こうして安田学園は金、銀、銅の4つのメダルを獲得し「日本柔道ここにあり」をアピールできた。親にすれば、まずは安心。そして彼らの大活躍に沸きに沸いた2日間であった。

大敵とみて恐れず 小敵とみて侮らず


子どもたちはロシア遠征で多くのことを学んだ。「柔道」が言葉や人種の壁を超え親しくなれること、外人選手の体幹やパワーを実感できたこと、ロシア女子が相当可愛いこと。何といっても「礼節と正々堂々の日本柔道」の誇りと自信を得た事が大きい。

ロシア柔道連盟からの来年の出場依頼をお受けした以上、来年は後輩たちのために、上級生になる選手たちは、今までの先生と先輩の教えと自らの経験を後輩に伝道するのだ。

勝負に「勝つ」ことは負けた相手を「最強のライバル」にも変える。勝者を徹底的に研究し、血眼で練習してくる筈だ。たまたま勝てた安田学園柔道部!慢心こそ敵である。

まさに「大敵とみて恐れず 小敵とみて侮らず」である。

https://youtu.be/e6dO-ggRzBo  チュメニ大会準決勝YouTube(後半)
https://youtu.be/6--bBxoQA-k  チュメニ大会3位決定戦・決勝戦(後半)


ロシアチュメニ大会の活躍