2019年11月16日土曜日

涙の訳

会社で若い世代との会話が増えたが、皆さん大人で分別もあり感心する。ときには育児社員との「子育て談義」にも花が咲く。我が家の経験話をしていると色々と昔を思い出す。

因みに、呆れたの「呆」の字の変化形が「子」。象形文字で「頭の大きい人」で子どもの姿を表す。大人でも「呆れた人」はいるもので、子どもは許せても大人は許容できない。幼少期は一般的に「自我」に目覚めて発育するので、自分中心に世界が回っている時期。

私は、子どもの成長のターニングポイントを、自分のために流す涙から「人の痛みに流す涙」の観点で子どもを見守ってきた。痛くて泣く、悲しくて泣く、辛くて泣く、悲しい話で泣く。これは自分ごとか自己投影しての涙。残念だが一生この涙だけの大人もいる。人の痛みに流せる涙の場面が、いつ来るか来ないかである。

上の娘が小5の夏。遠く離れた私の母が、すい臓がんの痛みに耐えての作り笑いに、娘は病院帰り「おばあちゃん、辛いのに」と大泣きした。不謹慎だが娘の感応性に納得した。

息子が道場入門半年目の小6の時、いきなり千葉県3位となり本人も道場も大喜び。そんな最中、船橋主催の小さな大会で、釣り手を封じられて負けた。なんと初戦敗退のショック。

会場の隅で悔し涙に暮れる息子。先生は息子に「いつまでも泣くな。明日から組み手の練習だ」。私も「顔を上げろ、これからだ」と言っても、息子は更に肩を震わせている。

めそめそするな、男だろ!と先生も私も思った。しかし、あまりの号泣に違和感を感じ、涙の訳を尋ねた。「どうして、そんなに泣くのだ?」

「お父さん、自分の負けは仕方ないと思ってる。僕が泣いているのは、こんなに親身に教えてくれる先生に応えられないことが申し訳なくて…それでも僕に声をかけてくれる先生の気持ちを思うと涙が止まらないんだ」彼の涙の訳を知った。「人の痛み」に涙した場面だったのだ。私は先生に、息子の号泣の理由を説明した。

先生は「自分は、負けても自分の悔しさでしか泣いたことがないです。…あいつ、俺のことを思って泣いていたんですか」と先生から大粒の涙。「勇斗を本気で指導します」先生自身が、息子の痛みに流した涙だったと、後日語ってくれた。

友の悲しみに我は泣き、友の喜びに我は舞う


「友の悲しみに我は泣き、友の喜びに我は舞う」私の好きな言葉である。自分の喜び・悲しみから、人のために感応できる人が、本当の大人に変わっていけると思っている。

結婚した22年前、禿デブ厄年42歳と、初婚で一人娘26歳のアンマッチに、彼女から披露宴の冒頭で新郎挨拶を熱望された。セオリーにないので訳を聞くと、私と初対面の親類がおいしく料理を楽しめる為、彼が挨拶すれば、人となりを理解し安心するからと。このリクエスト、ハードルが高い。

当日は、ありのままを話すことにした。冒頭の挨拶の失礼を詫び、家内が料理に拘ったこと、ご親族が食事が喉を通らないかの不安、私の話で安心させたい彼女の思い、等々お伝えするうち、ご親族の目が穏やかになってきたようだ。

最後に「私の好きな言葉、友の悲しみに我は泣き、友の喜びに我は舞うを、本日より、康代の悲しみに我は泣き、康代の喜びに我は舞う、をお誓い申し上げます」と結んだ。汗。今もその気持ちは変わっていないので念のため。(笑)

幸い、皆様から笑顔と拍手と少しの涙。家内の思惑は奏功したようだ。ただ一人、義父だけは、酔っ払って「あいつの首を絞めて殺してやりたい」と仲人に漏らしたそうな。笑えない話だが、今は孫の存在もあり、関係良好をお伝えしておく。

人は死ぬまでに2,000名の方と出会い一生を終える。死ぬ間際に思う人は100名。だったら、嫌な奴は反面教師と喜び、全て幸せな出会いとなるよう意識を変えた方が得である。

「出会いは人生の宝」今日はどんな出会いや、泣き笑い、再発見があるかとワクワクしながら過ごせることに、感謝の日々である。

皆、よい大人になりたいね!









2019年11月1日金曜日

JUDOと柔道(安田柔道部番外編)

8月、日本での世界柔道選手権大会は興奮した。オリンピックの柔道も、聖地・日本武道館で開催されるので、日本選手の活躍が楽しみである。

ラグビーワールドカップは、日本のベスト8の快挙に、俄かファンの私も卒倒寸前。階級制限もなく、体格、パワーに勝る外国勢に、半端ない練習で培った鉄壁のチームワークと、最後まで全力で食らいつく気力と持久力は圧巻であった。

柔道とJUDOの違い



世界199か国が加盟する国際柔道連盟(IJF)の「JUDO」と日本の「柔道」は同じようで違う。私見も入るが、IJF(含オリンピック)の外国人選手は型にはまらず、力技、相手への指導誘い、組手封じ、相手からの返し技など長けている。

ポイントで勝つJUDOと、返しを恐れず1本に拘る柔道とは価値観が異なる。柔道人口は日本が16万人、ブラジル200万人、フランス56万人とシェアの違いもあり、JUDOが直ぐに変わらずとも「柔よく剛を制す」は不変と関係者は口を揃える。

爽快な1本勝ちだけでなく、勝って奢らず敗者を気遣う大野選手など、柔道に魅了される外国柔道家が増え、武道の魅力が万国共通になりつつある。その為にも、日本の柔道人口拡大とファンの獲得は必須。「俄か柔道ファン」大歓迎である。

改めてルールを紹介すると、一本・技あり×2・指導×3で勝敗が決定。組まず、場外、掛け逃げ等、消極的姿勢に指導だが、実際はポイントで有利だと攻めずに時間切れの優勢勝ちを狙い、不利な方は攻めるのみ。どちらも攻めてほしい場面だ。

ところが残り1分頃から、お互い攻めずに守るシーンが増えるのは事実。歯痒くて息子に聞くと、決して逃げや諦めたのでなく、体力の消耗で気持ちとは裏腹に体が動かなくなるらしい。つまり、正念場で技を仕掛ける「気力と体力」の残存量で決まるのだ。

オリンピックの柔道観戦に向け、組手争い・指導ポイント・残り1分の攻防戦を知っておくと面白さ倍増なので、長々と説明させて頂いた。


「執念ある者は可能性から発想し、執念なき者は困難から発想する」



息子たち高3生は、大学での柔道の取り組み度が、進路や環境で分かれるのは仕方ない。彼らの形相は戦闘モードは影を潜め、別人の顔つきになっている。しかし、柔道家としての礼節と、最後まで食らいつく精神力と体力は、簡単には消えない筈だ。

息子は、尊敬する先生が就任する大学で、男子柔道部の新設一期生の道を選んだ。先生とゼロから立ち上げるので、伝統も先輩も踏襲もない分、成果も責任も真っ白な道である。


我が家の合言葉「執念は困難でなく可能性から発想する」を再度、息子は胸に刻め。そして、柔道部3年生は、これからの未来の夢に向け「明日に好奇心」の火をつけろ!

前途洋洋の君たちが、柔道家の魂を根っこに据えて、強く歩むことを願うばかりである。


いつまでも柔道家たれ!