2015年2月16日月曜日

引き継いだ旧鐘紡の「カネボウストッキング」が快進撃!

花王グループは、1~12月の決算である。当然、わが社も2014年度は昨年12月で終了した。お陰様で、計画以上の売上と利益を達成させて頂くことが出来た。社長就任以来、4年になるが、従業員の総力で増収増益を続けさせて頂いている。本当にありがたいことである。
これもひとえに、お取引先様のお力とその先のお客様のご愛顧の賜物と、深く感謝している。今後も「良きものづくり」に邁進することで更にご恩返ししたいと思っている。

そうしたわが社の実績を支えてくれている商品の一つに、女性の必需品であるパンティストッキング(パンスト)がある。コスミリオンなのにパンスト? と思われるかもしれないが、カネボウ化粧品の販売会社を通してカネボウチェーン店様に美装品カテゴリー、「カネボウエクセレンス」というブランド名で展開、販売して頂いているパンストである。これが信じられないほど売れていて、今やお化けブランドになってきた。
実は、この「エクセレンス」は旧鐘紡時代から中核である繊維事業のひとつ「カネボウストッキング」で、その後傘下に収めた豊田通商と当社とで共同開発、生産している商品である。



わが社が「エクセレンス」開発・生産を引き受けて4年。販売数は4倍近くまで拡大した。<DCYストッキング><タイツ80D><タイツ110D><ショートストッキング>の4カテゴリーあって、年々、愛用者が増え続けた。これは業界でも驚異的数字だと関係者から伺った。
カネボウ販売会社とお取引先様の販売力に脱帽である。そして、その高い販売力は、圧倒的に優れた品質だから叶うこと。手軽な価格もお客様の高いリピート率となって表れ、ここまで育ってきた。



想定外の売れ行き、快進撃に、一昨年、「何故こんなに売れるのか?」を解明するため、マーケティング調査をした。この種の調査は化粧品ではお手の物だが、繊維製品となると知見が無いので、調査法の一つである覆面での「消費者座談会」のフリートークはドキドキした。その結果が、品質、カネボウ名、パッケージ、価格のすべてが支持されている、という理想的なお応えを頂戴した。品質は「丈夫で綺麗」と絶賛された。

もともと繊維の鐘紡が独自のオリジナル原糸を有しており、加えて織(おり)の技術も群を抜いているうえ、シンプルで真四角のパッケージと、化粧品メーカーのイメージを融合した自信作である。
「良きものづくり」とは、そこに市場があり、競合に勝る商品力、タイミングと販売力が一致すると必ず売れる、という証明でもある。只、全てが揃うのは簡単なことではない。

わが社の主幹事業は化粧品のOEMであるが、お取引先様へのご要望や市場を見据えて、ストッキング以外の繊維品、化粧用具、雑貨など多くのメニューを増やしてきた。
その中には、当時総合メーカーの鐘紡が築いた知見や、技術の物も多く含まれている。
家庭品、化粧品の品質管理は、花王・カネボウグループは手慣れたものだが、繊維、雑貨などの品質検査、品質管理などの仕組みづくりは容易なことではなく、わが社の合言葉である「可能性から発想する」の精神で、グループ一丸で「美装品」に取り組んできた。難産ゆえに、「エクセレンス」の成功は、嬉しくて仕方ない。

そして、この2月、新たにエクセレンス5つ目のカテゴリー、大型の新商品「カネボウエクセレンス<BEAUTY>」を投入した。化粧品メーカーらしく「履けるファンデーション・美脚メイクアップ」としたコスメティック発想で作りこんだパンティストッキングである。



レッグウエア業界(パンスト・タイツ類)の最大の市場である、オールサポート(ゾッキタイプ)市場に向けて、満を持しての発売である。

ゾッキタイプは伝線しやすいという課題解決と新たな付加価値を試行錯誤しながら時間をかけて、カネボウと豊田通商グループ(元カネボウストッキング事業)がタッグを組んで、新たに進化させたカネボウだけのオリジナル原糸と技術を開発。伝線しにくい「ノンラン設計」に加え、「糸と編みのオリジナル設計」により、美しさと丈夫さを実現出来たと自負している。

私は鐘紡の繊維出身ではないが、いつしか「交編編み」とか、「デニール」の違いや「ハイゲージ設計」などと、口にするようになった。何とも感慨深い。少々おこがましいが、鐘紡の発明や技術をしっかりと受け継ぎ、カネボウコスミリオンで形を変えて、守り、大きく成長させることに深い感謝と喜びを感じる。と同時に、私は鐘紡人であることを実感する。

「エクセレンス<BEAUTY>」を市場に送り出すことは、大切なわが娘を世に送り出す思いだ。生産する商品、ブランドはわが子と同じである。お取引先様と共に「製品」を生み、お取引先様に渡って「商品」となる。その商品をお客様が購入され、使用されて、満足されると「愛用品」に変わる。そして、そのお客様がリピートしてくださった時に「私の逸品」となる、と思っている。
多くの女性たちから「私の逸品」とご評価を賜わることができれば、無上の喜びである。

田辺 志保