2014年11月5日水曜日

人を見守る事のむずかしさを知る <前編>

そろそろ今年、2014年を振り返るころが近づいてきた。
私、そして我が家にとってのニュースは何だろうか? と考えると、夏から秋にかけての息子の柔道……。今年の夏は例年に比べて涼しい夏だったといわれているが、我が家は熱かった!

息子たちの柔道を見守る

市川市立第七中学校柔道部に所属する息子が千葉県9ブロッグの一つ市川・浦安地区を勝ち抜いて千葉県大会に進出した。しかし、千葉県の壁は厚く、73kg級(66kg以上73kg以下)個人戦、中堅を務めた団体戦とも敗退して全国中学柔道大会(全中)出場は叶わなかった。中学になると細かく分けた体重別階級ごとの個人戦となるので、学年は関係なく、七中柔道部から二人が千葉県代表として出場した。

息子は苦杯をなめたが、技も体力も未完成ながら、自分の中に眠っている力を呼び起こすかのように、体重管理を含めた体づくりでは激しく自分を追い込み、ひたむきに練習を重ねて臨んだ。私はそんな息子を励まし、見守った。親のひいき目抜きに健闘し、必ずや将来につながると思う。市川七中柔道部の面々の練習好きは相当だから。

その「七中名物サーキット」と呼ばれる基礎練習は、まず、部員全員が輪になって、腕立て、腹筋、屈伸運動などを延々、何百回と続ける。一人が10回ずつ号令をかけながら回るので、20名いれば各種200回になる。これが、通常練習の寝技、投げ込み、打ち込み、乱取り終了後のメニューというから1年も経つと、体つきがみるみる変わってくる。



柔道に限らず体重別競技の選手は、絶えず体重の増減に合わせての体づくりを求められる。
カロリーコントロールと併行してインナーマッスル(体の深部にある筋肉)を鍛えて代謝カロリーを増やす肉体に改造することだ。息子は、小学校卒業時、週3回の道場通いで70kg近かった体重が、中学に入って一気に減った。66kgに落ちるのに2か月と掛からなかった。いくら食べても太れないのである。大会出場に向け73kg級でエントリーした息子は、下限の66kgを割ると計量で失格になるので焦っていたが、一向に体重が増える気配がない。
摂取カロリーが変わらず代謝機能がそのままだと練習量が多すぎて急激なダイエットにしかならないので息子は「筋トレ」を上回る「食いトレ」に励むしかなかった。
そんな「食いトレ」と「インナーマッスル強化」のお蔭で、市川・浦安地区大会を勝ち上がって県大会に出場したわけだが、そこに行きつくまでの自己変革する動機づけやら、体重計との格闘は息子の底力を見たような気さえする。

息子は中学の毎日の部活に加え、七中コーチが在籍する市川の「須賀道場」に週4回通っているが、体重減少を心配する息子に、道場の岩崎先生は、「大丈夫、体が慣れてくれば食べられるようになり体重が増えるから。そして体重が増えた身体を、また絞って筋肉に変えていくうちに、見違えるようになるから」と涼しい顔。
こうして夏までを努力した者には、間違いなく秋には「絞り込まれた強靭な肉体と、力強い技の切れ」という大きな収穫が得られるというのだ。
そして岩崎先生の言葉通り、夏に入り環境にも慣れてくると一気に食欲が増し、体重が上下しながら増え始め、身長も伸びてきた。

息子の「食いトレ」は、朝から「かつ丼」を平らげ、昼の給食は人並みで我慢し、道場に行く日は軽めに夕食をすませ、道場から戻ってからもう一度夕食(夜食)を取る。満腹で道場に行くと吐いてしまうのだ。家内は「まるで飼育しているよう」と言いながらも、内心嬉しそうである。県大会当日、息子は71kgで計量を通過した。



多くの人に支えられて……

誰しも、運動に限らず何か事を始める際の動機は、大きく二つあると思う。一つは始める活動・運動そのものの魅力、二つは指導者や仲間の魅力。息子は通う「須賀道場」で両方を満たされている。名だたる柔道好きが集い、全国でも有名な猛者が生まれ、全国大会出場の強者を数多く輩出している。まさしく名門道場で、以前ブログで紹介した廣田先生、増田両先生とも須賀道場の門下生。有難いことに、息子は須賀会長と道場の有り様に支えられている。

「須賀道場の魅力」は何と言っても、須賀会長の技の研究、的確な指導力と門下生一人ひとりに対する姿勢、人を引き付ける人間力。だからここで育った先生たちは、須賀先生への恩返しとばかりに更にパワーアップさせた熱血漢と指導力を引き継いで門下生の為に集まってくるのだ。だから、どの先生も気骨のある、指導の中身がぶれない侍のようである。色々な先生に、あれこれ言われて迷う生徒がいる中で、須賀道場の一貫した教えは貴重なのだ。

須賀道場の門下生は、とにかくタフである。普通では気を失うほどの暑さと、冬は身を切るような寒さの中でひたすら練習を繰り返す。白熱戦にもつれ込むと、お互い疲れ果てて残り一分間で、技をかけ続ける気力と余力があるかないかで勝敗が決まる、といわれる。須賀道場の門下生は、試合時間をフル回転で戦い続けるタフな体と根性を身に付けて行くのだ。目標に対して過酷な環境に耐える強い思いがあるように思う。この夏、腕に覚えのある方が初めて須賀道場の練習に参加したが、一時間もしないうちに軽い熱中症でうずくまっていた。いつものメンバーは平気な顔であった。こう話すと、「須賀道場」はさぞや広くて立派なつくりの道場だろう……と思われるだろう。が、お世辞にも立派なつくりとは言えない。広くて、冷暖房付きの公営の武道センターと比べると、意図的だと思いたくなるほど何もない道場である。ただ、私はこの道場の存在が、肉体的にも精神的にも目覚ましい成長を可能にする「修行のパワースポット」になっていると思っている。



涙が人を育てる

県大会団体戦で敗れた瞬間、選手たちの姿が心に残ったので記しておきたい。
選手たちは引き上げるや否や会場の隅で泣き始めた。無理もない。3年生は個人戦での優勝者以外は引退となるので、寂しさと無念の涙であろう。後輩たちは、先輩が去ってしまう寂しさと申し訳なさで、涙が止まらなかったようである。今までの桁外れの練習量を見てきただけに、その悔しさは私にもよくわかる。

個人戦での勝ち負けは、「嬉し涙」も「悔し涙」も自分に向けてだが、団体戦での負けはメンバーへの申し訳なさへの涙に変わる。自分の為の涙と違い、人の痛みへの涙は「成長の涙」。今子どもたちは得難い貴重な涙を流してくれていると、不謹慎だが私はほほえましく思ってしまった。
補欠に回って悔しいはずの3年生が、泣き続ける後輩の肩をたたきながら、「気にするな、新人戦と来年の全中は俺たちの分まで頼むぞ」と後輩を励ます姿を見たとき、その気遣いと優しさに感激してしまった。

引退する3年生をずっと見守ってきた顧問の古館(こだて)先生は、ここで引退する3年生に「すまない」と言って泣いていた。そして最後は全員で、保護者の方々へ「ありがとうございました」と頭を下げた。涙でくしゃくしゃ顔の彼らは、誰も顔を上げられず暫く下を向いたままだった。



その場をただ見守るだけの私は、息子たちを育成くださる先生たちに頭を下げながら、ふっと昔、よく口ずさんだ坂村真民の「七字のうた」を思い出した。



息子たちが、これからも一途な努力を積み重ね、いつか「よいみをむすぶ」ため、負けた時には口出しせずに見守るだけで、勝った時こそ一緒になって喜ぶことにしよう。

田辺 志保