2014年2月4日火曜日

限りある時間を精一杯生きる。

2014年度は、消費税率アップにともなう経済環境の変化が予想され、我々にとっても正念場の年になるとの覚悟をしている。今更多くは語らないが、お客様の笑顔を取り戻すために全社一丸となるのは必定である。私事ながら、我が会社人生もわずかになり、その限りある時間を精一杯過ごしていきたい。

人生は長いようで短い。子どもの時代、学生時代、会社員時代、そして退職後の人生(老後)。我が人生を振り返れば、過ぎ去った時代、多少なりとも「無我夢中」で過ごしてきたと思うが、これからは今まで以上に悔いなく生きたいと思う。

限りある生命を精一杯生き抜いた山本多恵子さんを想う

昨年暮れ、机の中を整理していたら、懐かしい一冊の本が出てきた。15年ほど前になるが、私が静岡地区の責任者の時に出合った本で、今一度読み返して「限りある時間を精一杯生きる」ことの大切さを再度思い知らされた。
時を経たが「今でしょ」と思い、限りある命の中で、周囲の人々に夢と希望を与え、多くのことを教えてくださった一人の女性を紹介したい。

静岡県沼津エリア、伊豆・松崎で化粧品と文房具を扱う「有限会社 サカンヤ」の奥様、山本多恵子さん。当時は当社の化粧品のお取引先様で、ご主人と奥様、従業員さんで、頑張っていただいて大変お世話になった。今も文房具、雑貨、ギフトを中心にご商売をされている素敵なお店だ。

多恵子さんは白血病と闘い続け、平成12116日、入院先の病院で息を引き取った。享年44。何とも若く、心が痛んだ。
後になって全貌を知ったが、多恵子さんが発病して入院したのは、長男・幸之助さん3歳、長女・有加理さん2歳だったという。
多恵子さんは、子どもたちが寂しくないようにと、文と絵で自らの思いを「おかあさんのゆめ」という絵本にしたためた。
全くの手作りゆえ、店頭に並んでいる絵本とは違うが、作り手の心が伝わる、心あたたまる絵本になっている。

多恵子さんは入退院を繰り返し、15年に及び病魔と闘った。その間、絵手紙をつくり子どもたちと交流をし、友人・知人等多くの方にも絵手紙をたくさん送った。

多恵子さん亡き後、長女の有加理さんがお母さんの描いた絵手紙を、「おかあさんのゆめ」という一冊の本に纏め上げた。限りある生命の尊さと、母親の深い愛情、自然界の全てに対する万物への愛情に溢れた、胸がキュンと締めつけられるような、涙腺が緩んでしまう遺作集だ。
有加理さんは当時17歳、「おかあさんのゆめ」のごあいさつに感動してしまう。


先日、このお話を紹介したいと「サカンヤ」山本さんに連絡すると、気持ちよく快諾くださり、加えてみなさんお元気そうで、嬉しかった。

こうした生き方をされた方がいたという事実を一人でも多くの方に知ってもらいたいと思うとともに、明るく元気で毎日を過ごせることを感謝し、「一日一日を大切に送る大切さ」を学びとりたい、心にとどめていただけたらと思う。

限られた時間を人生の最高の思い出に変える

アメリカに、プリズン(刑務所)から派生した「プリゾニゼーション(Prisonization)」という言葉がある。もともとは刑務所文化と社会生活を受け入れる処理を指すが、そのプロセスから、囚人の“刑務所ボケ”という概念も生まれた。俗に大企業病ともいわれている。これは私たちの心の在り方を問う言葉でもあると思う。

服役中、精神科医の診断を継続的に受けるそうで、そこで一つの法則のような現象が出てくる。無期懲役囚は、以前がどんなに個性的で特異な犯罪者でも、数か月もすると殆どが没個性の無気力な反応しかしない人間へと変化し、死刑囚は益々個性的に精力的に、いきいきとした反応を示すというのだ。

無期懲役囚はただ、意味もなく変化もなく毎日を生きていることで、やがてその日の食事と看守の顔色を伺うことにしか関心を持たなくなるとされるのに対し、死刑囚は刑の執行日を知らされることがなく、「今日一日が無事に過ぎても明日、実行されるかもしれない」と毎日思うわけで、必然的に無事である「今日」という日を大切にし、完全燃焼する覚悟で望むことで、自分の能力を100%以上発揮するようになってくるという。死刑囚が素晴らしい芸術作品や書物を生み出したりすることが分るような気がする。

プリゾニゼーションとは、まるで無期懲役囚のような生き様になった人のことを指す。
サラリーマンならば給料明細と上司の顔色にしか関心がない、学生ならば変化を恐れ、自身の周囲だけの狭い世界の中での反応だけに関心を示す、そうした状態などを「プリゾニゼーション化されている」と言う。

高度成長の時代からサラリーマンに「大企業病」は蔓延し、可もなく不可もなく過ごし、終身雇用の波に乗っていれば何とかなる、という時代もあった。今は、終身雇用の概念も大分変化したが、自分で決めない「右へならえ精神」「事なかれ主義」は未だ健在だ。
これは、違った形でのプリゾ二ゼーション化かもしれない。仕組みが出来上がった大きな組織の中では、個人の意思や裁量が埋没すると勝手に決めつけるからだ。

そうならないために私たちは、それぞれの仕事や行動に期限をつけ、又は自分の夢や目標の達成に期間を設け、大きな夢もささやかな夢も、それを成就させる日を設けて行動する。
夢の中に入り「夢中」になることで、自分自身をプリゾ二ゼーション化しないようにする。そして、それぞれのやるべき事を、限りある時間の中で、決して後悔などせぬように一日一日を生きることだと思う。

生きているとは「生まれ出た瞬間」から「死ぬ」までの時間、つまり限りある時間とは限りある命のことである。その時間をどう過ごすか……。


一度しかない「命」の時間。「無我夢中」で全うしたいと思う。

田辺 志保