2021年4月26日月曜日

迷走から瞑想へ。

 コロナ禍でも、多くの企業と学校は新年度に突入した。半分在宅勤務の娘は2年目に入り、柔道息子も無事に2年生に進級できた。

リモート中心の会社や大学では、殆ど仲間と会えずの2年目。上京してキャンパスライフもなく、中退してしまった学生は、本当に気の毒である。

本年度は多くの式典・行事が予定されるが、感染拡大が今後を不透明にした。企画運営側は、従来の「不安の質」とは全く異なると頭を抱える。


ニュースタンダードを求めて


コロナが人々の習慣と価値観を変えたことで、生き方も大きく変わった。人々は、溢れかえるデジタル情報をじっくり探り吟味し、自分に有用な情報への選択眼を急速に進化させた。

ビジネスでは市場変化の大激震だ。化粧品市場はマスク多様でメイクが激減。スキンケアは好調だが、ここは各メーカーが争奪戦を展開中だ。

大手化粧品会社は広告をデジタルにシフトし、昨年はTVの広告料を超えた。デジタル集中は広告単価を上昇させ、中小の通販企業は四苦八苦だ。

化粧品には精神的効用として、オフの自分時間のスキンケアが「癒し」を与え、オンの戦闘モードはメイクで「励み」を与えると考えている。

ところが、コロナ禍のリアルなコミュニケーション不足は「励み」の機会を減少させてしまった。

ゲームやお取り寄せの癒し需要は増えたが、健康、生活の不安は、満足、期待の「励みスコア」を下げた。まして在宅勤務はオンとオフの切り替えが難しく、ストレスは継続する。


マルチ・スマホ脳の迷走から瞑想へ


悲しい事実だが、昨年の自殺者は女性が1.4倍も増え、11年ぶりに前年を超えた。心の不安定は生きる力を奪うので、心のケアは絶対欠かせない。

洗濯機を回しメールを確認。PC睨みながら食事。こんなマルチタスク脳の酷使で疲弊すると、癒しと励みを求め、瞑想、ヨガ、座禅で、穏やかな心や、漲る活力を得ようとする方が急増している。

科学的にも実証された「マインドフルネス」の考え方は、世界的なブームへ拡大している。

瞑想のリラックスには、右脳からのアルファ波と「1/Fゆらぎ」が深く関わる。揺らぎ(リズム)は自然界の全てに存在し「万物は揺らぐ」のだが、突発や意外性の揺らぎを除いた心地よい周期が「1/Fゆらぎ」だと言われる。

海での寄せては返す波の音、小川のせせらぎ、バロック音楽、ろうそくや焚火の炎など、生命の起源である地球の揺らぎと連動されている。

人は生を受けると、胎内で母親の血液の流れを耳にして育つ。この「ザー…ザー」という血流音は海の波と同じ1/Fリズム。海を眺めて癒されるのは、生命の起源に包まれるからだ。

当然、人の心音は1/Fだが、人工物や人口音の空間だけでは瞑想は得られにくい。たまには自然の中に身を置き、心音と同期させるのも必要だ。

休日は家内と裏手の公園から、のんびり海を眺めるとしよう。皆さんも、人混みを避け「1/Fゆらぎ」に包まれてみてはどうだろうか。







2021年4月9日金曜日

就活は悩まず見直す。

 就活に悩む学生の話。巷では新入社員らしきスーツ姿の若者を見かけるが、既に企業も学生も来年に向けての活動が始まっている。

今はコロナ禍で、採用計画を見直す企業が増えている。通常なら事業計画と退社数を見越して採用するが、採用を控えると数年後に人材不足がボディブローで効いてくる。

ところが、今はそんなことを言ってられない。好調な企業は、求めるスキルと採用枠にも限度があり、全体は就職氷河期に突入している。

一方、学生側も苦労する。希望の業界を諦め、取り敢えずの選択では、お互いが後悔する。

先日、就活する学生から「そもそも何をしたいか分からない」と相談された。当時自分も明確な将来像など無かったが、基本的心構えは伝えた。

先ず、自分のテーマを見つける。やりたいことが無ければ、業種より大手企業の安定型とか、業界劣位でトップを目指す挑戦型。安定と貢献なら公務員型、起業や資格取得なら学び重視のキャリアアップ型など、自分の志向するテーマを探ることだ。

それには、知り合いやOBからの情報収集が肝要。企業のHPでは掴めない生の声を聴き、方向性を幾つか絞り込むことをお勧めする。


小さく纏るな、大器晩成であれ。


昔の私ごとだが、当初TVのCM制作の希望で、広告代理店の大学OBを手当り次第訪問。すると「代理店より広告主の宣伝を狙え」と皆が言う。

そこで、広告に投資する企業のOBと職種問わず、片っ端から会うと、何故か、活き活きOBが、業界のトップを目指す会社に多いことに気づく。

ならば、果敢に広告を打つ各業界2位の会社に絞り、願書、面接。そして、トップ資生堂に「追いつけ追い越せ」のカネボウと巡り合う。

法大就職課には、慶應有利で成績も悪く無謀と言われたが、当時は化粧品事業が、頭脳より気力・体力・挑戦を求めたことも功奏した。

私見だが、業界トップは守りの姿勢が強く「優秀でそつがない」人材を求め、劣位の企業は攻めの姿勢が強く、冒険を躊躇しない傾向がある。

私も採用側になると、頭脳明晰以外に伸びしろがある覇気のある方を求めた。やはり質問や依頼に、虚勢を張らず真摯に応える姿が重要で、完璧より未完の大器に魅力を感じる。

最後に入社後に自己成長するコツを一言。成長は、教えて貰うでなく、自ら掴み取るもの。

その為には「教えがいがある」と思って貰えるような自分になれるかだ。嫌な先輩・上司は必ずいるし「反面教師」の教えと思えば気が楽だ。

要は「謙虚・好奇心・正直」があれば他は要らない。頑張ってるアピール、分かってる自慢、あいつは嫌だ不満など、何の役にも立たない。

「頑張る奴は夢を語り、怠ける奴は言い訳を語る」の言葉通り、常に夢を語り、言い訳や愚痴だけの生き方は、絶対にしたくない。








2021年3月26日金曜日

半世紀ぶり再会に涙。

 先日、驚きの出来事があった。突然、50年前の友人から連絡が来たのだ。広報に私宛のメールが届いたとの連絡を受け、開いてみた。

メールには、ブログで所在を知った経緯と、友人だからの内容に本人と確信し連絡した。

やはり、高校の友人の国分寺の仲間だ。私は上京し吉祥寺に下宿していたが、友人宅に入り浸りの日々だったので、懐かしくて泣けてくる。

ワクワクで彼の会社に出向く。チョコレートのOEMで有名な製菓会社だ。現れたオヤジを見た途端「おぅ一郎」時が戻り、固い握手を交わす。

現在、専務として活躍中で元気そうだ。先ずは、お互い半世紀に及ぶ人生の報告会となる。

ブルーグラスの本場・米国での放浪生活、大学卒業後、大手企業で管理系の経験を積み、今の会社は10年目とのこと。一番真面目で頭が切れ、ギターが大好きな奴だったが、さすが手堅い経歴だ。

私といえば、暴走族にうつつを抜かした赤面の時期があり、さすがに彼はその頃、距離を置いてしまったようで、まぁ考えれば当たり前の話だ。

総じて高校時代は、メンクラの街のアイビーリーガースに憧れて、フォークの大御所より加川良が好きで、VANとギターに夢中だった。

そんな仲間との楽しい日々も変わるもの。私は暴走族を抜け、真面目に大学を目指す。その頃から、皆がバラバラとなり疎遠になってしまった。


今や全員が前期高齢者、先ずは元気でいるかだ。しかし、当時あんなに仲が良くて、最高の仲間だったのに、なぜ音信不通になったのだろう。

絶えずどこかで、何かが引っ掛かっていたのは事実。今回の事がなければ、そのままだった筈だ。

1978年に入社し営業で全国行脚。怒涛のカネボウ本社時代は、崩壊・再生に振り回される日々で、心に余裕もなくクラス会も家族サービスも忘れ、旧友と会うこともなかった。

しかし、それも言い訳。多感な時期の大切な思い出を忘れ、現実に流され放置したのだ。

もうすぐ66歳。生涯に2,000名と出会い、死ぬ間際に100名の顔しか浮かばないなら、半世紀ぶりに交友を温める機会をくれた友に感謝である。

これからは、時々彼と会うことにした。柵も上下もなく、あの頃の不器用で危うい生き方を反芻し、語りながら飲む酒は格別だろう。

「ニッティ・グリッティ・ダートバンド」のフォーギー・マウンテン・ブレイクダウン。当時、一郎と信一に倣い、マニア気取りで聴いたブルーグラスが、今のほうが心地良いのは何故だろう。…やはり、出会いは人生の宝である。











2021年3月7日日曜日

四つの幸せ。

 以前紹介したテーマだが、思うところがあり、大事な事と再認識したくて書かせて頂く。

一般的に、人間関係で「人が幸せ」を感じる事は、この4つだと言われている。

①「愛されること」②「褒められること」③「役に立っていること」④「必要とされていること」の4つ。人は、いつもそう思われていたいのだ。

しかし待っていても、この承認欲求は満たされない。全て能動的な人間関係から生じるので「幸せ」は自から働きかけないと成立しない。

「働く」とは、収入を得る以外に、自己成長でもある。傍(はた)を楽にさせるのが「はたらく」なので、自分だけの満足では成長しない。

上司ともなれば、承認欲求は捨て、部下を愛し、凄いな、役立っているよ、必要だよと唱え続けるのも重要な仕事。幸せは与えるだけで、貰おうとは思わないぐらいが丁度良い。

中には地位や名誉をお持ちでも、自慢ばかりの方がいる。その時は、未だ成長過程の方で「私に承認して欲しいんだ」と喜ぶことにしよう。


4つの不足は己の存在意義を失う。役に立たず不要だと察知したら、事業も人も潔く撤退すべき。後手では傷口は広がり、人事は後任が遅れる。

夫婦間も不要になれば離婚の危機だし、介護、痴呆、難病は、愛情だけでは乗り切れない。やがて本人がその自覚すら無くなると最悪だ。


大切な人に想いを伝えること。


その為には遺言アプリじゃないが、元気なうちに、自分の想いを大切な人に伝えることだ。

我が家では8年前に、母に先立たれた父が重い癌になり、3人の息子を呼んで「無駄な治療や延命処置は止めてくれ。遺族に負担を掛けたくないから、墓も葬式も不要だ。そんな暇と金があるなら、残された者が生きる事に使え」と言われた。

「そうはいかんよ、俺たちの気持ちもある。それにずっと遺骨を置いたままはおかしい」と返すと「母さんと一緒に海に散骨してくれ」と言う。

散骨とは遺骨を粉砕し、思い出の場所や海や山に撒くのだが、勝手にできない。誰が粉骨し、どこに撒くか。業者に頼めば手間も費用も掛かる。

結局、父を説得し「散骨も迷惑がかかるな」となり、海洋散骨は断念して貰った。遺族に幸せを感じてもらうのも簡単ではない。

人は生きる限り「しがらみ」を背負う。守るものがあると、しがみつく事もある。誰の為に何を我慢する・しないは、自分が腹を括るしかない。

「誰かのために生きることが、価値ある人生」とアインシュタインは言っている。そうか、家内に幸せを与える事が、私の使命と心得た。汗。







2021年2月25日木曜日

今は電車と注射が怖い?

 私は毎日、京葉線と有楽町線と大江戸線を利用する。京葉線は普段も混むが、隣りの舞浜駅でTDLの利用客が合流すると激混みとなる。

駅で通勤客が降りようとすると、舞浜から乗り込んだ電車不慣れの方々が、ドア付近で吊り革や柱にしがみつき、流れを堰き止めてしまう。

一旦、降りて再乗車してほしいが、トランクを抱えた家族連れや若者が「降りたら最後」とばかりに踏ん張るので、とんでもないことになる。

そのTDLが苦しんでる。事前チケット客のみで、レストランもショーも半分が休業。おまけに10~19時営業では、舞浜駅も寂しい限りだ。

結果、TDLが赤字決算。近所のファンとしては残念でならない。スーパーでみた白雪姫や自転車に乗るアリスも、最近は見かけなくなった。

米国ディズニーは、3万人の人員削減と、駐車場をワクチン接種所に転用し、一部のパークを無料開放してお客様との接点を繋ごうと苦心する。

まさに「夢の国」が挑む「現実の冒険」である。


話を電車に戻すと、新木場始発の有楽町線と、大江戸線は途中から座れるのは嬉しいが、やはり地下鉄は空調と激混み区間が不安のタネ。

大江戸線は他より車両が狭く、以前運転手の宿泊所の水道蛇口の感染クラスターもあり、吊り革とパイプが怖いのは変わらない。

電車での感染実体は不明だが、結構やばい筈。三密の最たる空間だし、無症状の感染者が電車内にどれだけいるか、考え出したらキリが無い。

こうして、人々の感染防止の意識は高まり、安全基準も上がる。私も布マスクから不織布かフィルター付きに切り替えた。不織布マスク条件から、2重マスクを要請する施設まで出てきそうだ。

一方、飲食・小売・旅行業救済のGoToは中断だが、GoToイートのシステムがワクチン接種に転用できるようで、接種会場の要員として、苦しむ業界の雇用確保を画策している。

いよいよワクチン接種が始まる。医療関係者の次が高齢者3600万人、基礎疾患者820万人と続くが時期は不明。我が家では、優先接種の私の副反応が恰好の参考事例だと吐かしてる。

「案ずるより産むが易し」でワクワクして接種を待ちたい。その模様はブログに書くので、次の方の参考になればと思うが、いつのことだろう。



2021年2月5日金曜日

大学柔道物語②乱取り

コロナ禍で、大学柔道部のブログネタが少ない。創部して初となる大舞台、階級毎に3名出場の関東大会は、準備も虚しく中止となった。

大学も慎重で、朝練や乱取りを控えて、ハードな筋トレ中心と聞く。相変わらず息子は大喰らいだが、練習の手抜きは、ただのデブになるぞ。

この時期、息子達は大鍋に肉と野菜を放り込み、皆で炊飯器2台分をたいらげる。まさに相撲部屋のちゃんこ鍋。全国でキャンパス生活が消滅する中、熱く楽しい日々に感謝すべきだ。

帝京平成大学柔道部も練習だけの1年間となるが、積んだ練習は嘘をつかない。春は全員2年生。開催を信じ、1部リーグ入りを成し遂げろ。


明日を信じて、今を過ごす。


対戦競技では実戦的練習が大切で、柔道は乱取りで、相手とガチで組み手争い、躱す、仕掛けるを繰り返す。これが足りないと試合運びが鈍る。

IJFの試合時間は5分で、ジュニアで3~4分。これが全力疾走と同じで精魂尽き果てる。延長戦だと筋力も握力も無くなり、まともに戦えない。

本来の試合時間内での試合運びを身に付けるも重要だが、延長戦・無制限の場合を想定し、試合より1~2分延長した乱取りを何十本と行い、決着までフルで戦える気力と体力を培うことも肝要だ。


年末にTV放映した66k五輪代表戦「丸山vs阿部」の24分の戦いは、気が遠くなるほど練習した証。血を流し爪を剥がし限界を超えてなお、攻め続ける死闘に、私も言葉を失った。

2人を見守る全日本関係者と井上康生監督、解説の帝京平成大の小野監督など口を揃え、両者を称え感動したのは、24分の重さを知るからだ。

井上監督の現役時代、7分30本の壮絶な元立ち乱取りを終え、意識朦朧の彼を後輩が浴室に連れていき、その場で血の小便を流す姿に「俺には世界は無理と悟った」と後輩本人に聞いた話は忘れられない。そして、井上選手は世界を制した。

先月のドーハの柔道ワールドマスターズでの日本の不調は、実践練習の自粛もありそうだ。

早く感染が落ち着き、本来の濃密な練習を再開して欲しい。そして日本柔道界だけでなく、我々の為にも、東京五輪の開催を期待して止まない。

世界が五輪に集うことは「コロナに勝利」の御旗であり、従来とは次元の違う役割を日本が担うこと。難問だが、その日が来ると信じたい。

「明日ある我が身を想い、今日を生きる」今は、ひたすら乱取りを頑張るしかない。





2021年1月23日土曜日

五十肩の痛みと重さ。

 昨年末から左肩が痛い。40代で四十肩になり50代半ばの五十肩はゴルフコンペで、腕前は上がらず、痛む腕も上がらず最悪スコアを記録した。

その後、痛みが消えて喜んだのも束の間、次は反対の肩が痛みだした。不思議だが片方だけが痛み、両肩同時は無いらしい。そして今は六十肩。60代でも五十肩らしいが、どちらでもいいから、この辛さを何とかして欲しい。

これは加齢で骨、靭帯、腱が固まり、組織が炎症を起こす状態で、動かないと更に固くなる。服を脱ぐ、物を拾うなど何かの拍子に激痛が走る。痛み止めと湿布の処方では、あまり効果はない。

整形外科のリハビリは、脇下と肩甲骨の筋肉マッサージ。3割の負担でも1回1,330円で、今の混雑ぶりからも膨大な医療費と人手不足を実感する。

健康自慢が健康不安になる。その対策は「後手の治療より先手の予防」しかないか。

作家で医師の帚木蓬生の書「老活の愉しみ」に、経済が国民総生産なら、健康は「国民総筋肉量」で年配者1人の筋肉量が100g減ると、年間医療費で男性25万円、女性32万円が上昇するとのこと。やはり筋肉の衰えは大敵だ。


痛みの値段と、悼む値段


統計上、何らかの慢性の痛みで悩む方は約2,700万人で、医療費と経済損失を合わせると2兆円近いという。昨年の概算医療費は43兆6千億円で過去最高だとか、先を思うと恐ろしい。

慢性の痛みの病名は様々で、簡単に仕分け出来ないが、患者側の我々が「生存を最優先」に考え、診察を取捨選択しないと医療は崩壊してしまう。

今は感染防止に全集中。外出や会食は以ての外で、肩が痛いなどと言ってられない。自己完結で済む事を増やして、治療と防止を優先させたい。


確かにコロナ禍の経済的損失は計り知れないが、人の命より尊いものはない。企業も経済の活性化も「人が元気」でなければ成り立たない。

かけがえのない命を失い、残された者が大切な人を悼む痛恨は、五十肩の痛みや皆で集う楽しみとは、比べる余地もないほど重いのだ。