2024年7月19日金曜日

新人に教えられ…。

新卒が研修を終え7月から各事業部に配属された。息子と同年度は俗にいう「さとり世代」だが、見る限り冷めた面子は一人もいない。

新人の日報から不安や期待は窺えるが、私は「誰もが通る道」とは言わない。昔、そう言われ「知るか、自分は初めてだ」と反発したからだ。

因みに私は配属後、得意先に追われ振り返るどころではなかった。これがある程度業務を把握した頃に、不安と期待がどう変化したかが重要で、これは継続への意志を固める局面になる。

その後の人材育成は入社3~5年でステップUPを考える。カネボウでは転属転勤のジョブローだが、環境が同じなら後輩の指導や業務の幅を広げ「中堅社員」の自覚と周知を促す。

仮に転職するなら職歴書に記載する内容次第だ。短期間の浅い経験はあてにならず、面接で知見が深いとなれば高額でも欲しくなる。

しかし新人のうちは、不安と不満の変化を楽しむつもりで、雑用でも何でも引き受けて、自分の価値を上げる為に全てを吸収する時期だ。


「親思う心に勝る親心」からの脱出。


先日、新人の息子が社販で購入の車で、金沢から6時間かけて戻ってきた。全日本学生柔道に一期生が集結したようだが、仕事優先で帰りを急ぎ、我が家には2時間ほど立ち寄っただけだった。

それでも息子は家族分のサイフを初任給で購入し、カードを添え置いていった。感激する一方で、彼の厳しい台所を知る親バカの私は、自炊の息子に大量の冷凍総菜を返礼したのだった。

そういえば大昔、私も両親にペア時計を贈った事がある。両親が何度も電池交換し大切に使っていた事を、家内から聞くまで私は知らなかった。嫁にまで自慢した親父の気持ちが今はよく判る。今更だが「子を持って知る親心」を実感する。

今までは「親思う心に勝る親心」と嘆いたが、息子から財布を貰った時、私は自分の親に対する不義理を思い出した。殆ど実家に戻らず随分と心配させた。私同様に顔を出さない息子は昔の自分そのものだ。それこそ因果応報ってやつだ。


そんな親不孝の私が思い知る『いずれは出来なくなる貴重なこと』を共有したい。

一生で、子どもと過ごすのは2,400日、家を出て親と会うのは480日、子どもの行事参加は30回、家族全員での休日は500日。何と少ないことか!私は子ども行事と家族休日の賞味期限は切れてしまったが、今からでも遅くないことがある。

そう、家内との休日は使用期限中だ。皆さんも貴重な機会が使用可能なうちに、自身の環境保全と豊かな人生の為に家庭サービスも頑張ろう!




















2024年7月2日火曜日

時と旅とDNA。

今も全国の取引先出張は多いが、インバウンド地区の宿泊費の高騰は凄まじく、社内規定を無視しても予約出来ない事態には困っている。

旅費以外にも交通機関の進化で行程も見直す。最近は乗り換え不要の北陸新幹線に感謝。他には空港が遠い所は新幹線に替えた。例えば広島は新幹線だと3時間50分で飛行機は1時間半だが、市内にバス1時間と空港待ちと乗り継ぎの総時間は殆ど変わらずコストも安い。

それに新幹線は乗り換えずに済む。長時間だが気が楽だしPCとスマホで広島到着。故に本州内で新幹線の駅がある出張は基本的に飛行機をやめた。


強い奴より敏感な奴が生き残る。



人は自力の速度以上で移動するほど疲労度が増すらしい。同時間の移動だと『自動車<電車<飛行機』と速いほど身体の負担は大きくなる。

大昔ヒトの移動は徒歩だった。つい160年前の江戸時代は庶民の間で「徒歩旅」が大流行。日本橋~京都の東海道500㌔を14泊15日で歩いていた。宿場まで1日平均40㌔歩き往復1か月の楽しい長旅だ。今は新幹線で2時間12分、徒歩の50倍速の負担はかなり大きい筈だが、我々はもはや高速に対し身体的支障を感じなくなっている。

ヒトは文明進化に変化対応する進化論なのか。ダーウィンは「強いものが生き残るのでなく、変化に敏感なものが生き残る」と言ったが、同種の劣性遺伝子は淘汰される。つまり足の遅い兎は捕食され逃げ足の速い俊敏な遺伝子が繁栄するのだ。

ではヒトの淘汰はどうか。お互い不足する遺伝子を補完し優秀な子孫を残そうとする恋愛・出産では、俗にいう「美女と野獣(秀才)」の組合せは自然の理に適っていた。

結果、最近の若者は「足長の美男美女」ばかり。次は頭脳まで優秀な人々が出現し、彼らが更に厳選した出産を続けると100年先に「大谷翔平と真美子夫妻」並みの容姿端麗・頭脳明晰の集団が街を闊歩する姿を見られるかもしれない。

それはそれで気味が悪いが、これも淘汰か。しかし、私はエリート集団より個性溢れる「十人十色 それぞれが美しい」の方が好きだ。「たで食う虫も好き好き」だから優劣でなく個性だと学べるし、多様性を認める社会が面白いのだ。


何にせよ技術革新は現在も進行中。リニアなど旅と時間はより便利に効率化される一方で、非効率で不便でも「旅情」が重要になる。散歩する山間の花を愛でたり、海辺でボーとお茶を飲むなど、観光より癒しの過ごし方に魅せられるのだ。

健脚なら徒歩旅に惹かれるが、私は家内とのんびり船旅が最高だ。効果効率で換算する出張でなく「時を忘れた旅」に原点回帰したいのだ。

ところが今はそんな旅が、一番金と時間が掛かり贅沢なことだ。ヤバ、こりゃ困ったもんだ。